妊娠中の小児、新生児、年長の小児での消化不良。

健康

妊娠中、多くの女性が感じる胃の自己問題。これは驚くべきことではありません。妊婦の体は胃腸管を含むあらゆる種類の病気に対して非常に脆弱であるからです。妊娠中の胃の不調は、栄養失調、慢性腸や胃の疾患、感染症などの多くの原因によって引き起こされる可能性があります。この問題の全体の危険性は、この病気が未来の母親の生物だけでなく、成長する子供にも害を及ぼしているという事実にある。したがって、胃の不快な感覚、口や胸やけの酸味などが懸念される場合は、病気の正確な原因を特定し、治療方法を決定するために医師の診察を受けてください。

妊娠中に胃が動揺することがありますいくつかの兆候によって識別する。最初の徴候は、胃液の過度の分泌のために現れ、食道の粘膜を刺激し、それによって不快な燃焼を引き起こす胃の胸やけの感覚である。別の兆候は吐き気、嘔吐、下痢です。

不快な症状の発現を最小限に抑えるために、妊婦は特定の規則に従うべきです。

  • 漬け漬け、塩漬けキュウリ、脂肪、シャープで揚げ物、燻製製品、コーヒーや紅茶、妊娠中の消化不良を引き起こす低品質の製品などがあります。
  • 禁忌がなければ、できるだけ多くの量の液体を飲む。
  • 食べ物を胃に積み込まないようにしてください。少し食べてください。
  • 基本食の間に休憩中に空腹感があるときは、果実で飢えを満たす。
  • 胃の重い感じを防ぐために、食べ物を注意深くゆっくりと噛んでください。
  • 妊娠中の胃の不調もまた、ストレス、タイトな服装、喫煙のために発生します。したがって、ゆるい服を着用し、できるだけ心理的ストレスやストレスを避け、喫煙を忘れてください。
  • 医薬品からは「Smektu」、「Neosmectin」を使用することをお勧めします。抗生物質は医師の勧告のもとでのみ使用してください。
  • 伝統医学はこの問題について助言する次のレシピを使用してください:200グラムの沸騰水でザクロの皮を大さじで淹れます。スープを与えて一度にガラス全体を淹れ、飲む時間を与えてください。オーク樹皮の注入を使用することもできます。このために、皮の茶さじは2カップの沸騰した水を注ぐ。ブロスを8時間放置してから、ひずませます。 1日3回食事前に半分の飲み物を飲む。オークの飲み物の皮の子供の煎じ薬はお勧めしません。

子供の誕生以来、母親は彼らの食生活を注意深く監視する。結局のところ、母親によって食べられた製品は、新生児の中で胃を刺激する可能性があります。通常、赤ちゃんは生後3ヶ月の前に腹部の疝痛に苦しんでいます。結局のところ、新生児の消化器系だけが食物の消化に適応し始め、以前は乳児の胃が微生物で活発に繁殖していました。したがって、生後1日目に子供に下痢がある場合は、心配しないでください。これはボディクラムの適切な反応です。さらに、消化不良は、頻繁な授乳、母親によって食べられた食べ物、またはミルクに対する不耐性によって引き起こされる可能性がある。おなかの痛みから赤ちゃんを救うためには、以下の方法を試してみてください:

  • 暖かいアイロンをかけたおむつをあなたのおなかに付けてください。
  • 疝痛の間、赤ちゃんは腹部をマッサージするか、単に胃を時計回りにストロークします。これが助けにならない場合は、ガス配管を使用してください。
  • 食べる前に毎回胃の上に赤ちゃんを置き、これはガスを排除するのに役立ちます。
  • 食事中に赤ちゃんが空気を飲まないように注意してください。
  • 疝痛を防ぐには、特別なお子様用の茶をディルやフェンネルで使用してください。

小児の消化器系よりも古いそれは十分に形成されていますが、それでも食物の完全消化はまだ困難です。唾液腺、胃、肝臓および膵臓はまだ消化の準備ができておらず、成人が使用する食物を吸収する。したがって、休日には、お子様に親しみやすい料理を作ってみてください。子どもに消化不良を起こすことはありません。硝酸塩や塩ソーセージ製品、店舗の餃子、チップ、チョコレート、凝乳染料を含む真空パックではベビーパテを給餌しないでください。同じ消化不良がすべて発生した場合は、次の助けを借りてこの病気に対処できます。

  • カモミールからのお茶、そして新鮮なゼリーを用意しています。
  • レーズンウォーター。その準備のためには、白いレーズンを淹れる必要があり、その日に子供に水を飲ませる。
  • 下痢止め製剤Smecta。
  • 豊富な飲み物。
  • </ ul </ p>