メニエール症候群は文章ではありません!

健康

メニエール症候群は、鼓膜内の流体の量の増加によって引き起こされる内耳。余分な液体は、平衡を維持し、空間内で体を配向させる原因となる細胞に悪影響を及ぼします。

メニエール症候群:原因

メニエール症候群はほとんどの健常人に発生する可能性がありますが、ある程度まではこの疾患の発症を決定するいくつかの前提条件があります:

  • 様々な血管疾患。
  • 内耳の炎症性および感染性疾患。
  • 外傷性脳傷害の結果、耳の傷害。
  • 職業:振動、騒音。
  • 菜種血管、内分泌疾患。
  • アレルギー性疾患、脚気。
  • アルコール、タバコ、コーヒーの過度の使用。
  • 脳卒中、脳腫瘍。

メニエール症候群:症状とクリニック

メニエール症候群は通常、攻撃から始まりますシステムのめまい、バランス障害、発汗の増加、吐き気、嘔吐、圧迫、淡い皮膚。攻撃が発生すると、患者はしばしば宇宙で姿勢を失い、座ったり横になったりすることができなくなります。めまいは周囲の物体の一方向への回転の形で現れ、時には自分自身の身体の不調感がある。進行性聴力損失は、1対1、次いで2番目の耳に発達する。めまいの発症前に耳の騒音が増加し、攻撃中に耳元に到達します。

メニエール病も同様です30-60歳で、時にはより早い年齢で、時には男性と女性がいます。この疾患は、多くの場合、前庭アナライザとプログレッシブ難聴の活動低下に彼をリードし、生活のために患者を追求しています。この疾患の臨床経過は発作と発作間期に分けられる。場合によっては、攻撃には幻覚や心理的反応、恐怖や不安の根拠のない攻撃が伴います。この時点で、患者は彼に耐え難いほどの痛みを引き起こし、迷惑な臭気、騒音、明るい光、および吐き気と嘔吐することができます。

疾患「メニエール症候群」:診断

メニエール病の診断のために最も頻繁に(聴覚障害の原因とレベルを明らかにする)、前庭検査(不均衡を明らかにする)、エレクトロセルレオグラフィ(内耳の状態を評価する)のいずれかである。正確な診断のために、神経学的症状を確認または反論する経験豊富な神経学者のMRIおよび相談は不必要なものとなる。

メニエール症候群:治療

今日の多くの権威ある専門家声はメニエール病を完全に取り除くことは不可能であると宣言しています。それにもかかわらず、疾患の症状を軽減し、患者の生活の質を改善し、障害を回避することが可能である。治療は患者の適切な食事の予約から始まり、これにより疾患の経過が緩和され、その後の発作数が減少する。

内耳の腫脹を軽減する脱水療法、ホルモン療法、血管薬による治療が規定されている。この病気の重症症状では、抗生物質が鼓室に注入され、この方法はめまいや吐き気をよく除去するが、副作用が多い。

メニエール症候群の治療は複雑で長続きするほとんどの場合、それはそれと一緒に望ましい救済をもたらします。何千人もの人々がこの病気に長年暮らしています。それはどのような状況においても覚えておく価値があるのです:メニエール症候群は文章ではありません!これは、人が困難を克服し、いつまでも幸せに生きることができる、人生を証明する別のチャンスです!