抗リン脂質症候群の症状と治療

健康

抗リン脂質症候群
薬の抗リン脂質症候群免疫系が誤っていくつかの正常な血液タンパク質に対して指向された抗体を産生し始めるような違反と理解される。この状況は、しばしば、血栓の形成、妊娠の合併症(流産、死んだ胎児の誕生など)を引き起こす。この記事では、この問題の主な症状について説明し、抗リン脂質症候群の治療法を検討します。

主な理由

既に上述したように、この症候群免疫系自体がリン脂質に結合するタンパク質(これらは血液中に存在し、その正常な凝固にとって非常に重要な脂肪である)に損傷を与える。現時点では、専門家は条件付きでこの問題の2つのタイプを区別しています。

  • 原発性 - 感染症やいくつかの疾患(例えば、HIV、マラリア、C型肝炎など)によって引き起こされます。
  • 2次型は、原則として、以前に自己免疫疾患と診断された患者。したがって、この場合、抗リン脂質症候群の発症は、原発性自己免疫障害によって引き起こされ得る。

症状

今日、専門家は抗リン脂質症候群のいくつかの特徴的な徴候を特定している。以下はそれらの一部です:

抗リン脂質症候群分析

  • 脚の静脈に血栓が形成される。
  • 死亡した胎児の出産、妊娠中の頻繁な流産または他の合併症;
  • 脳卒中;
  • 定期的な頭痛、けいれん。
  • グリッドの形で皮膚に発疹;
  • 心血管疾患;
  • 出血。

抗リン脂質症候群。診断

専門家によると、このような違反は、脳卒中または心筋梗塞と診断されている場合は、45歳未満の患者で疑われます。この場合、医師は、抗リン脂質症候群のような問題を確認するか、逆に反論するために完全な検査を強く推奨します。この状況の分析は、最後の役割からはるかに離れています。したがって、病気の実験室での確認は、いわゆる免疫酵素分析によって様々な種類のリン脂質に対する抗体の存在である。

治療法は何ですか?

まず、優先順位を明確にする必要があります抗リン脂質症候群の発症に直接つながる疾患である。この療法の有効性は、リン脂質に対する抗体の量を減少させることである。さらに、凝固を低下させる原因となる薬物を処方する

抗リン脂質症候群診断
血液の能力(例えば、抗血小板薬)、および抗ヒスタミン剤(アレルギーの気分を下げる)。実験室条件下で、血液中の抗体の含有量が増加したことが検出された場合、結果として急性血栓症の脅威が存在する。この種の状況では、血漿交換が最も頻繁に処方される。このような診断を受けた女性は、適時に診断し、妊娠を完全にコントロールする必要があります。いくつかのケースで合併症の発症を避けるために、投薬は処方されています。