ゼレニン滴:使用および注意の兆候

健康

使用のための緑の表示の滴
常に急いでいる人々の世界では、避けるのは難しい神経系の障害活動に関連する疾患。医師の処方ではなく、友人からアドバイスを受けた鎮静剤の受け入れは、ほとんどの人にとって馴染み深いものでした。

ゼレニン滴:使用の兆候

最も人気のある薬剤の1つ、によると薬剤師は、ゼレニンの滴です。彼らの構成は全く無害であると考えられているため、事務所の従業員と年金受給者は、「神経から」受け入れることが多いです。しかし、この薬は無害ですか?

実際、この薬は、「神経から」だけでなく、あまり処方されていません。ゼレニン滴の治療法は?この薬の使用に関する適応症は非常に広範囲です。彼らはいくつかのケースで任命されます。

  • 失調症および摂食障害の複雑な治療の一環として。
  • 腎臓または肝臓の疝痛を除去するために、消化管の攣縮。
  • 胆管、特にジスキネジーの治療のため。
    緑の組成物の滴
  • 超酸性胃炎と慢性胆嚢炎の状態を正常化するための他の薬物と一緒に。
  • 興奮性が高まる鎮静剤として。

ゼレニンの滴の組成

なぜこの薬はこのような異なる病気?使用の適応症は、薬物の組成に基づいている。ベラドンナのチンキは、痙攣を和らげ、特定の腺の分泌を減少させます:唾液、胃、涙、膵臓。心拍数も上昇し、AV伝導を正常化します。リリー・オブ・ザ・バレーのチンキは心拍の強さを増強し、心不全を予防します。バレリアンの滴剤への影響はよく知られている。それは落ち着きの効果があり、よく眠るのに役立ち、体内で発生するけいれんを排除します。メントールは、滴の組成物中の鎮痛成分として作用する。さらに、それは静脈をトーンアップし、抗血管効果を有する。薬草から得られたこれらのチンキを組み合わせることによって、専門家はゼレニンの滴を作った。それらの使用の兆候は、すべての構成要素が各構成要素の有益な効果を支持し増殖させるという事実に基づいている。

禁忌および副作用

薬用組成物と同様に、滴剤は禁忌である。彼らは害をもたらす可能性があります:

  • 急性角膜緑内障に罹患している人々;
  • 前立腺肥大および尿流出障害を有する患者;
  • 薬物の構成員の行動を容認しない者。
    緑の一滴を取る方法[1]

この薬は望ましくない副作用を与えることもあります。効果。 Zeleninの危険な滴は何ですか?使用の兆候およびこれらの化学組成は、滴下の適時管理だけでなく、処方されている医薬品との関連でも事実を注意深く監視する必要があります。ベラドンナとバレリアンのチンキに含まれている他の薬と鎮痙薬の鎮静効果を高める。さらに、滴は眠気を引き起こす可能性があるので、職業が特に注意を集中すると思われる運転手や皆は、それらを飲むことは非常に慎重でなければならない。ベラドンナは瞳孔を大きく広げるので、しばらく視力がぼやけることがあります。ゼレニン滴を取る方法は?これを1日4回30〜40滴(投与量は医師が指定)にします。