三叉神経の炎症:疾患の症状とその治療

健康

フォーズギル病は、三叉神経の炎症。この病気の症状は、顔面筋肉の定期的な痛い痙攣によって現れる。時々、痛みは目の領域のみに作用し、時には頭の半分または頭全体が影響を受けることもあります。痛みは電気ショックのように非常に強く、鋭いです。痛みの発作の持続時間は異なります。時には数秒、場合によっては数分です。痛みを伴う衝動は1日に1〜2回起こり、毎時間それが起こります。痛みが軽減しない非定型の症例があります - この場合、疾患は治療するのがより困難です。

しかし、あなたがすぐには、人が顔に激しい痛み巡回は、診断「三叉神経の炎症」 - 病に似た症状が、また、非定型多発性硬化症における頭痛のフォーム、脳腫瘍、感染性病変または神経学的な問題の例に記載されています。時には類似した発作の痛みは、頭、洞および顎の骨の局所疾患によって引き起こされる。この病気を特定することは、MRI、つまり磁気共鳴療法に役立ちます。

三叉神経の炎症の原因は最も多い風邪から傷害まで、歯の抽出から簡単なシェービングまで、さまざまです。三叉神経の炎症の症状は、通常、迅速かつ完全に現れる。人生への脅威は、一般に、三叉神経自身の炎症を代表するものではありません。症状はこの病気の主な問題です。痛み症候群は非常に強いので、患者は新たな攻撃の不安を絶え間なく生き、抑圧し、睡眠や食欲を奪い、場合によっては自殺に至る。

三叉神経の炎症: この病気の症状は、この神経の根に血管が接触することによって引き起こされる。事実、神経根は常に血管に対して擦れ、各心臓の鼓動は神経の絶縁膜を磨耗させ、その刺激につながる。ほとんどの場合、この病気は女性に影響を及ぼし、リスクのある年齢層の人々は50歳以上の人々です。

三叉神経の炎症、症状および治療この病気は特殊な医学文献に繰り返し記載されています。主な治療は、疾患急性疼痛の主な副作用を緩和することを目的としています。痛みの原因となる神経細胞の活動を抑制する抗けいれん剤を成功裏に使用しました。神経線維、遮断、神経減圧技術、薬物療法を含む侵襲的治療は、痛みを痛みを和らげるのに役立ちます。場合によっては唯一の減圧処置である1回の注射で痛みを和らげることができます。侵襲的治療の任命の前に、X線検査を実施して、神経配置の解剖学的特徴を見るべきである。次いで、痛みを伴う神経を麻痺させる麻酔薬、ステロイドまたは特殊物質を、細い針を用いて痛み症候群の座に注射する。このような治療は十分に許容され、ほぼ即時に良好な結果をもたらす。ますます多くの医師が「カルバマゼピン」と呼ばれる薬剤を好んでいます。この薬を服用してから2日以内に痛みが和らげなければ、診断を再考する必要があります。 Fosergill病が、神経動脈を頭蓋骨組織の深部に圧迫することによって引き起こされる場合、微小血管減圧が使用される。神経外科医は圧迫している三重神経血管を脇に押し込むだけです。侵襲的治療、麻酔の注射および減圧療法は、長期的な痛みの軽減を達成し、痛みが再発するのを防止する。