胃腸薬:使用説明書

健康

「Gastrofarm」という薬は、胃腸病理学のために処方されている併用薬を指します。

薬物「Gastrofarm」の治療効果

使用説明書は、薬が消化器系の機能を調節し、腸粘膜および胃の再生を刺激することができると述べている。

胃腸炎取扱説明書
医薬の組成物には、ビフィズス菌、多糖類、ポリペプチド、α-アミノ酸、核酸、乳酸およびリンゴ酸を含む。タンパク質の有意な量は、薬の制酸性および鎮痛性を引き起こす。短期間で患者の状態の改善を証する証言によって、薬の有効性が確認されます。錠剤は、丸い形状、滑らかな縁およびノッチのモザイク構造を有する。それらは難溶性であり、特定の酸っぱい味およびベージュクリーム色を有する。各カプセルは、生存可能な乾燥した乳酸菌細胞およびその生命活動の生成物を含む。

胃癌治療薬の適応症

使用説明書には、医薬品ダイエット、喫煙、飲酒、投薬の違反の後、上腹部領域の消化性潰瘍、疼痛および胸焼けを処方する。この薬剤は、急性胃炎および過度の酸性を伴う慢性のために使用される。

Gastrofarm:使用方法、フィードバック

丸薬は、食事の30分前に使用する必要があります。

使用のレビューのためのgastropharmの指示
彼らは粉砕したり噛んだりする必要があります。水で徹底的に飲み込んでください。 3年後の子供は丸薬の半分を処方され、成人は1〜2個を使用することが推奨されます。その日に薬は3回摂取されるべきです。必要であれば、薬物の量は倍増する。患者は、薬物療法を1週間使用した後、安らぎを感じたと言います。一般的に、治療の最適タイミングは医師によって決定され、標準治療コースは1ヶ月間持続する。予防のために、1日2〜3錠を投与する。

薬「Gastrofarm」の副作用

使用説明書は、推奨用量では調製物が陰性反応を引き起こさないことを示している。患者からのフィードバックおよび臨床試験により、薬物の無害および無毒性が確認される。

「胃腸薬」に対する禁忌

使用のための指示は、3歳未満の子供や、その成分に対する過敏症の人には医薬品を与えることはできません。授乳中および妊娠中に錠剤を処方することの妥当性は、医師によって評価されるべきである。

胃癌

薬「ガストロファーム」の類似体

使用のための指示は、薬理作用と薬物の特性と完全に一致するであろう薬、のないアナログはありません。同じ薬理学的なグループによって薬 "Yazbin"、​​ "Plantatsid" は、 "Mukogen"、 "ダラルギン"、 "Gastrofit" が含まれます。

医薬品「胃腸薬」:価格

この薬の費用は18カプセルで100ルーブルです。空気が25度を超えて温かくない暗くて乾燥した場所に薬を保管してください。