椎体動脈の症候群。原因と結果。

健康

現代における椎骨動脈症候群薬は、このような「子宮頸片頭痛」または「zadnesheynyh副交感神経症候群」のような名前の様々なを持っていますが、いずれにしてもそれは椎骨動脈における脳への血流の違反です。

脳の血液循環

脳は2つの盆地から最初の頸動脈は頚動脈であり、その主要枝は全血の流入の約80%を提供する。彼らはすべての循環器障害、特に脳卒中の原因となる。脊椎動脈は、脊椎動物の基底盆地に位置し、全血の流入量の20%を提供する。彼らは脳卒中につながることはありませんが、患者を深く無効にすることができます。ほとんどの場合、これらの動脈の病変は、患者の頭痛、めまい、意識喪失、聴覚、視力および運動の調整を引き起こす。

子宮頸部の片頭痛の原因

ほとんどの場合、シンドロームの原因は頸椎の​​不安定性、言い換えれば、その位置の違反。しばしば、この疾患の原因は、脳血管の頚部動脈硬化または子宮頸部骨軟骨症になり、いずれの場合にも、これらの疾患の発生は、頸椎における循環に最も悪影響を与える。時にはこの病気の原因は頭頸部損傷であり、子宮頸部の循環に非常に悪影響を及ぼします。

椎体動脈の症候群。症状

最も一般的な症状脊椎動脈症候群の原因は頭痛です。痛みの攻撃中に、多くの場合、頭の頭頂 - 時間領域では、鼻の領域に、目のソケットに頬をirradiiruya広げることができます。ほとんどの場合、耐え難いしつこい痛みが片側に局在化し、肌に触れたときの髪のコーミングで、不快感を引き起こしています。頭を傾けたり回したりすると、首や襟の部分に痛みや緊張があり、時には灼熱感があります。一部の患者は、吐き気や嘔吐、耳の鳴動や拍動による重度のめまいが報告されています。

副交感神経症候群。診断。

脳の血管における血液循環の診断は、超音波ドップラー法(UZDG)の助けを借りて行われる。

副交感神経症候群。治療と予防。

シンドロームの治療の主な目的は、適切な血液循環の回復、痙攣および血管の炎症を引き起こす原因の排除。この目的のために、真空療法、反射療法、薬物穿孔、生体輻射療法、磁気療法の方法がうまく適用される。治療法の複合体は必然的に、血管治療、場合によっては抗炎症薬および抗うつ薬を含む。

椎体動脈の症候群。結果。

子宮頸部偏頭痛の発症では、それはかなりです脳組織の有機病理学的障害によって発現される好ましくない結果が可能である。この場合、アトミックな障害、関節の違反、吐き気、嘔吐があるかもしれません。延長された血管痙攣の場合、持続性虚血の状態の発生が起こり得る。このような状況では、突然の落ちが生じ、患者は意識を持ち、数分で独立して立ち上がることができます。時には、患者が水平姿勢にあるときにより早くなる失神状態がある。そのような発作は、脳の発作性虚血によって最も頻繁に引き起こされる。

副交感神経症候群は、患者の生命と健康を脅かす緊急状態を指す。それは、それが適時に診断され治療されなければならない理由です。