薬 "バネオシン"(粉末) - 迅速かつ効果的なヘルプ

健康

薬「バネオシン」(粉末)は外部使用を意図した複合抗菌剤。この薬剤を皮膚の大きな患部に塗布する必要がある場合、活性物質は全身血流に吸収され得る。

薬「バネオシン」(粉末) - 使用の兆候

このツールが使用されます:

  • そのような細菌性皮膚感染の存在下で、湿疹、感染した湿疹、単純ヘルペスおよび帯状ヘルペス、感染性おむつ皮膚炎、感染した静脈瘤潰瘍に起因する二次的細菌感染症;
  • 新生児の臍帯感染の出現を防ぐため;
  • 組織の切除および焼灼に関連する外科手術の実施後。
  • 独立した治療法として、または複雑な治療の一部として、股関節切開後の股間、亀裂、縫合を治療するために、必要に応じて投与される。

軟膏 "バネオシン"は、吹き出と沸騰し、頭皮、psevdofurunkuleza、化膿性汗腺一口と爪周囲炎の毛嚢炎。そして、手術後や擦り傷、膿痂疹、皮膚移植、火傷、切り傷、外科皮膚病や美容に使わ湿疹細菌の二次感染した静脈瘤性潰瘍の治療のために。

薬物「Baneotsin」 - 使用のための指示書

粉末と軟膏の両方を患部がある場合は必要に応じて包帯をかけることができます。パウダーは1日中4回まで、軟膏は1日3回まで塗布してください。全身循環への活性成分の有効吸収を避けるために、大きな損失、体表面のつまり、20%以上、存在する場合、粉末は、一日1回だけ適用されます。

活性物質ネオマイシンの最大用量週に1グラムを超えてはならず、これは約200グラムの粉末または軟膏である。それは再利用「Baneotsin」製剤(粉末または軟膏)に必要になった場合、その許容最大数が半分に低減されます。

感染した創傷および虫歯を治療するために、トゥンダを用いた軟膏がより頻繁に使用される。

考えられる副作用

この薬を長時間使用すると、皮膚の発疹、発赤、乾燥が起こり、かゆみがあらわれることがあります。

薬「バネオシン」(粉末) - 使用禁忌

身体の以下の障害に対してこの治療法を使用しないでください:

  • 皮膚の非常に広範な病変の存在;
  • 鼓膜の穿孔を伴う。
  • 腎機能障害および蝸牛前庭装置;
  • ネオマイシンおよびバシトラシンに対する過敏症、ならびに任意の抗生物質 - アミノグリコシドに対する感受性を有する。

この薬を処方するときは注意が必要です。アシドーシスおよび神経筋疾患が挙げられる。腎臓や肝臓の機能不全がある場合は、栄養効果を発現する危険性が高いです。慢性中耳炎の長期治療は、症状バリウムのアクションもあります。また、長期的な治療は、真菌感染症のリスクと重複の開発があります。

オットーのリスクを増加させないために抗生物質 - アミノグリコシドおよびセファロスポリンと共に投与することはできない。神経筋遮断のリスクは、麻酔薬、筋弛緩薬およびオピオイド鎮痛薬を同時に使用すると、有意に増加する。

薬 "バネオシン"(粉) - レビュー

多くの母親は、この薬が非常に子供の壊れた膝の治療に便利です。それはピンチではなく、良好な殺菌効果を有する。また、非常に魅力的なのは、粉末が使いやすく、誰もが低価格で満足しているということです。さらに、患者は、パウダーがおむつの発疹に対抗するだけでなく、小児および成人の両方の創傷にも優れていることを示している。それは緑とヨウ素の価値ある競争です。