民間療法による腸の治療。テストされたレシピ

健康

今日まで、最も一般的なもの内臓疾患は胃腸管の様々な病気です。私の人生の少なくとも一度は、多くの人が腸の機能に問題を経験しています。この種の疾患は、あらゆる年齢の人々に起こりうる。病気を排除するために薬物療法の様々な方法が用いられる。さらに、民間療法で腸を治療することも可能です。問題を効果的に解決するには、どの疾患が存在するかを判断することが非常に重要です。

民間療法による腸の治療

大腸。民間療法による治療

大腸炎は炎症であり、領域その広がりは大腸の粘膜である。この疾患は、急性および慢性の両方の形態で起こり得る。この病気の発症は、栄養失調、食中毒、ウイルスや病原菌によるものです。大腸炎は、下腹部の下痢、痙攣および痛み、熱、食欲および鼓腸の悪化が突然現れることを特徴とする。この病気からの排出は、植物療法費によって促進される。腸の民間療法の治療は、以下の組成を有する煎じ薬を取ることによって行われる。

1。 10グラムのアニスとフェンネルの果実、20グラムのミントの葉、30グラムのカモミールの花、バッソソーンの皮を淹れることが必要です。各食後1日3回、100-150ミリリットルの量でブイヨンを摂取する。

2. 60グラムの鳥チェリー(熟したフルーツのみ)と60グラムのブルーベリー(果実も熟している必要があります)が必要です。ヒーラーは、食事の後の日に3回服用されます。

3.帯状疱疹の果実50グラムと黒いエルダーベリーの花をとります。煎じ薬は1日2回(朝と夕方が望ましい)。この対策は、便を正規化するのに特に有効です。

大腸
腸炎治療のための民間療法

腸炎は炎症性疾患であり、小腸の粘膜に局在する。病気に不合理な栄養、蠕虫の侵入、アルコール飲料の乱用、喫煙、神経過労をもたらす可能性があります。その症状は通常、嘔吐、吐き気、頻繁かつ緩い便、腹部の痙攣および痙攣である。そのような組成を持つ、煎じ薬を助ける病気を取り除く:

1。 ウイキョウのフルーツと根茎、15グラムのカメムシ、30グラムのカモミールの花、20グラムのペパーミント、そしてバレリアンの根をとります。 1日3回(好ましくは食後)150mlを一度に服用してください。

2. 25カモミールとペパーミントの葉のグラム、果物20グラムのフェンネルとキャラウェイ、ジュニパーベリー10グラム。最初の段落のスキームに記載撮影するための手段。

上記のすべてブイヨンは次のように調製されています:20グラムの利用可能な原材料ごとに0.5リットルのきれいな飲料水が必要です。得られた塊を水浴中で少なくとも30分間沸騰させる。この時間の終わりに、ブロスを冷却し、次いでろ過する。

過敏性腸。民間療法による治療

民間療法による過敏性大腸治療
この病理の症状は次のとおりです。 膨満感、腸からの排出、肛門から分泌された粘液。この種の病気を解消するには、杢(砕いた)大さじ3、大麻の同量、おやつ2杯の煎じ薬を用意してください。利用可能なハーブは、1リットルの沸騰水で醸造されます。この混合物を1日サーモスに入れ、フィルターをかけて1日に3〜4回100ミリリットル服用します。

腸の処置を民間療法で行うときは、気分が悪くなったらすぐに専門医の助けを求めなければならないことを覚えておいてください!