「イブプロフェン」の使用のための医療兆候

健康

現代世界における関節の病気はまれな彼らは、高齢者、若年者にも等しく影響を受けます。どのように痛みに対処するには?原則として、そのような場合の専門家は鎮痛薬および抗炎症薬を処方する。これらには薬物「イブプロフェン」が含まれ、その適用は指示書に記載されている推奨事項に従って行われるべきである。外部的には、この薬物は白色の被覆錠剤のように見える。それぞれの質量は200ミリグラムです。イブプロフェンそれ自体に加えて、賦形剤を調製物に含めることができる:ステアリン酸カルシウム、ステアリン酸マグネシウム、ポビドン、ジャガイモデンプンなど。

イブプロフェンの適応症

イブプロフェン使用の主な適応 - これは関節炎(乾癬性、リウマチ性)、骨関節炎を変形させる反応性滑膜炎の異なる病因である。痛風、肋間および後頭部神経痛、筋肉痛、傷害、滑液包炎を伴う急性関節痛のための薬物を推奨する。それは口腔内の外科手術後に入院するために処方され、小さな骨盤内に寒冷および炎症プロセスがある。 「イブプロフェン」の使用の適応は、 - 痛み症候群は、除去する必要があります。 柔らかい組織が損傷したり、歯が痛んだり、片頭痛が発症したりする場合に備えて、この薬をお勧めします。彼は大人に2〜3錠を1日3〜4回処方されている。 6歳からの子供は1日4回100ミリグラムを取ることができます。 9歳以上の患者は、1日4回200ミリグラムの薬を処方する。

イブプロフェン施用

"イブプロフェン"という薬を飲むと、禁忌考慮する必要があります。胃腸管の病気、出血性疾患に苦しむ人々には薬を服用できません。この医薬品は、その成分、腎臓、視神経、下痢、頭痛、動脈性高血圧に対する過敏症には使用しないでください。あなたは、妊娠の最後の3ヵ月間および母乳育児中に、女性にそれを服用することはできません。それはまた、6歳までの子供の使用のために示されていません。

イブプロフェン禁忌

治療の有効性にもかかわらずこの薬は、化学的起源の調製に固有の欠点を欠いていない。イブプロフェンの使用に徴候がある場合でも、薬の副作用を忘れないでください。これらには、嘔吐、吐き気、鼓腸、食欲不振、下痢、胸やけが含まれます。心不全、気管支痙攣、喘息、かゆみ、めまい、不眠、不安感があるかもしれません。この薬物は腎臓損傷、肝不全を引き起こす可能性があります。

上記のリスクを考慮に入れて、イブプロフェン使用の適応症は、すべての要因を考慮し、患者の身体に対する薬物の負の影響を最小限に抑えるように努める医師によって正当化されるべきである。この場合、特定の診断だけでなく、この薬剤と他の薬剤との適合性も考慮されます。