腸障害:自宅での治療

健康

最も一般的な疾患の1つ近代性は腸障害である。軽度の症例の治療は自宅で行うことができます。確かに、感染症やウイルス性疾患の症状として現れます。この場合、特別な抗菌薬なしではできません。抗生物質を使用することは推奨されません。なぜなら、抗生物質は腸障害の原因の1つです。

この疾患は他に何が起こりますか?ほとんどの場合、これは低品質の食品、過食、喫煙、飲酒、いくつかの薬です

腸障害を治療するよりも
準備。腸障害は、座っている生活様式、ストレス、疾患後の合併症または腸感染症から依然として出現する可能性がある。

この病気は、別の方法で"dysbiosis"は、幼い子供でも見られます。これは、膨満感、鼓腸、痛み、悪心、嘔吐によって現れる。しかし、それの最も基本的な症状は、下痢または便秘、またはそれらの間で交互になります。ほとんどの場合、下痢があり、患者には腸障害があると言われています。できるだけ早く治療を開始することをお勧めします。

排便の障害
下痢の主な危険性は脱水症状です。 したがって、大量の液体の使用は、草の煎じ薬よりも優れており、腸障害に必要である。下痢の症状を緩和する薬剤、例えば「ロペウムム(Lopeiumum)」または「スメクタ(Smecta)」を使用することができるが、それらは治療の主な手段ではない。病原微生物を腸から除去するには、吸着剤を使用してください。例えば、活性炭、医薬品「Enterosgel」、「Polysorb」、「Polipefan」など。

下痢を取り除くだけでなく、腸内の正常な微生物叢。これを行うには、腸内微生物のバランスを正常化する多くの薬物があります。病気は軽症と温度なしであれば、それは自宅で治療することができます。しかし、「ライネックス」、「Hilakフォルテ」、「Bifiform」、「Bifidumbacterin」これらの薬剤のいずれかのコースを離れて飲むようにしてください。

腸の病気の薬で

多くの人が乱雑な食事をしています非常にしばしば腸障害が存在する。そのような場合の治療は、基本的に、缶詰製品、燻製製品、漬物、菓子製品および香味料および香味増強剤を含む食品を除く厳格な食物摂取の遵守である。下痢では、水、スチームカツレツ、ビスケットでお粥を食べると便利です。飲み物の中で特にゼリー、ブルーベリーや紅茶の煎じ薬がお勧めです。

多くの感染症では、症状は腸障害でもある。この場合の治療は医師を任命し、それは病原体のタイプに依存する。ほとんどの場合、これらは "Ftalazol"、 "Levomycitin"または "Biseptol"製剤です。しかし、この場合、腸内微生物叢を正常化する薬剤だけでなく、吸着性および抗下痢性の薬剤も処方されなければならない。

まだ腸の欲求不満を治療するよりも? 民俗救済の中で最も有名なものは、ハーブの煎じ薬である:オーク樹皮、アカマツ、カモミールまたはマリーゴールド、アールの根、ブルーベリーまたは鳥チェリー。下痢は、セプタムクルミの煎じ薬または鶏の胃の乾燥した殻をよく扱う。そして、流星では、それはクミンまたは卵の種を煮沸するのに役立ちます。