Lamisil:類似体とその記述

健康

「ラミシール」という薬は抗真菌薬ですローカルと全身の両方で使用されるツール。治療効果は、病原体の細胞に位置するホルモン様物質の複製を急速に破壊することができる活性物質テルビナフィンの活性に起因する。

ラミシール類似体
テルビナフィンの作用それは真菌の異なるタイプに関して同じではありません:完全にそれを破壊するものもあれば、身体のさらなる増殖を止めて停止させるものもあります。

薬物「ラミジル」:類似体および放出形態

この薬の主な利点は、病理学の焦点を停止します。したがって、通常の使用では、顕著な改善が3日目に既に発生しています。薬はクリーム、軟膏、ジェル、スプレー、溶液、錠剤の形で製造され、すべてが薬「ラミシール」の使用に依存します。類似体は、「Loceril」、「Terbizil」、「Terbinafine」、「Exifin」などの手段によって表され、その作用は同一である。

ラミジル服用の適応と禁忌

この薬剤は、皮膚および頭皮、地衣類、爪甲真菌症の真菌症を治療するために直接使用される。加えて、作用物質は、酵母の皮膚病変に効果的に作用する。

ラミジル軟膏

使用は禁止されています。 構成要素、授乳中の母親、および子供のための2歳までの寛容のない「Lamisil」(アナログ)を使用することは推奨されません。妊娠中の女性は、胎児への影響が十分に理解されていないことに関連して、医師の監督の下で注意を払って治療する必要があります。

アルコール依存症、腎機能および肝機能障害、抑圧された造血、代謝障害、腫瘍および脚血管疾患が制限される。

「ラミシル」(類似体):副作用と過量

まず第一に、錠剤を配分することが必要であり、明らかに否定的な徴候が観察されるのは適用後である。治療の初期段階では、胃の痛みから肝機能の障害まで様々な程度の消化器障害が起こり得る。類似体は、錠剤「Lamisil」は副作用がある「Exifin」製剤です。

投薬を受けた後、関節や筋肉、体の衰弱、血液の組成の変化などがあります。多くの患者がアレルギー反応を訴えており、アレルギー反応はかゆみやかぶれに代表される。薬物による治療を中止した後、それらは自然に消える。

ラミジル錠の類似体

過剰摂取は消化を阻害し、嘔吐や吐き気になる。この場合、胃の不溶性錠剤をすばやく取り除き、必要に応じて吸着剤を摂取し、対症療法を行うべきです。

薬物「Lamisil」(類似体):本剤の特徴

薬物が他の薬物と相互作用する場合薬はいくつかの点に留意すべきである。薬物の影響下で、代謝誘発物質の生産性が加速される。ホルモン避妊薬と併用すると、計画外の出血を引き起こす可能性があります。最も安全な形態は「Lamisil」-mazです。