首のリンパ節の炎症の原因と症状

健康

拡大、炎症を起こしたリンパ節が問題である多くの人々に直面する。結局のところ、外部環境や内部環境の悪影響から身体を保護する役割を果たすのがリンパ系であることを忘れないでください。だから、首にリンパ節の炎症の症状は何ですか?この問題の主な理由は何ですか?これらの質問は多くの人にとって興味深いものです。

リンパ節の炎症:原因

ネックの原因でリンパ節の腫れ

リンパ系は主に責任があります感染を中和するためのものである。従って、真菌、ウイルスまたは細菌の感染を含む感染性疾患は、リンパ節の増加を引き起こす可能性がある。当然のことながら、外傷および損傷により、病原性微生物は外部からリンパ系に侵入する可能性がある。それにもかかわらず、ほとんどの場合、頸部のリンパ節の炎症の症状は、隣接する器官の炎症性または化膿性プロセスの背景に対して現れる。危険因子には、風邪、虫歯、扁桃炎、扁桃炎、結核およびその他の呼吸器系疾患が含まれる。

さらに、免疫系も同様に悪性構造の形成に反応する。癌性疾患はまた、リンパ節の増加および炎症を伴う。自己免疫障害のある人は、リスクグループに分類することができます。

頚部リンパ節の炎症:症状

首のリンパ節の炎症の症状

実際、この場合の臨床像異なって見える可能性があります - それはすべて病原体の性質と原発性疾患の重篤度に依存します。例えば、体のウイルス感染では、リンパ節が増えて痛みを伴いますが、これらの変化は数週間後に消えてしまいます。

しかし、細菌感染症状このような病気は一般的に、膿性塊の形成および蓄積を伴うので、頸部のリンパ節の炎症は異なるように見える。はい、初期段階で同じ症状が追跡されます。 首のリンパ節 顕著に増加して堅固になります。

将来的には、いわゆる漿液リンパ節炎の病期。この場合、冒されたリンパ節の皮膚は大きく膨潤し、触っても熱くなります。結び目を感じることはより困難です。これに加えて、中毒の主な徴候もある - 患者は、衰弱、眠気、一定した疲労、食欲不振を訴える。しばしば発熱、悪心もあります。

頸部症状におけるリンパ節の炎症

疾患が進行するにつれて、症状リンパ節の炎症はより顕著になり、同時に危険です。冒された結び目の上の皮膚は赤くて暑くなります。痛みはたくさんあります。頭痛がしっかりしたり、頭が回ったりすると痛みが増します。これらの徴候はすべて、化膿性プロセスの発症を示している。最も重篤な症例では、皮膚の下に大きな膿瘍が見られることがあります。

いずれにしても、上記のいずれかが存在する場合症状は医師に相談する価値があります。リンパ管炎は初期段階では治癒が容易であるという事実があります。間違いなく、第一に、医師は、感染の性質、原発性疾患および病原性生物源を決定しなければならない。そして、効果的な保存的治療の初期段階では、外科的介入なしにリンパ節に大量の膿が蓄積することはできません。