子供の中毒:タイプ、症状、治療

健康

子供の中毒は珍しくなく、非常に一般的です。小さな子供は、常にさまざまな微生物で体に入る毒素に対処することはできません。

伝統的に、以下のタイプの中毒

- 化学物質。 中毒は有害な化合物の使用または有毒なフュームの吸入の後に起こる。それは、薬、家庭用化学薬品、建材、および様々なガスであり得る。

子供の中毒

- 食中毒。 子供が腐った食べ物を食べた後に起こる。彼らは野菜と動物の両方になることができます。夏にはほとんどの場合、子供の食中毒が観察されます。

- 毒素感染。 微生物が食べ物と一緒に赤ちゃんの体内に入ると起こります。そのような中毒の原因物質は、サルモネラ、ブドウ球菌、プロテア、大腸菌、クロストリジウムである。

小児の中毒には以下の症状が伴う

- アレルギー反応。これは、軽度の中毒少し生物に発生し、発疹、若干の腫れや無気力の子の形で現れます。

- 悪心。

- 腹部の痛みを切る。

- 豊富な液体便。

- 頭痛。

- 温度、ひいては寒さ。

- 嘔吐。

- 薄い肌。

- 圧力の低下。

- 急速な呼吸。

- 赤ちゃんの口の中の乾燥。

症状は通常数時間後に現れますが、すぐに、または翌日にのみ現れることがあります。

子供の食中毒

子供の中毒にはいくつかの段階があります

1.潜在期間。彼らは毒素が血液に入る前に体内に入る瞬間から続きます。この段階で子供を助けることは、中毒を完全に排除することができます。

2.それが血液に吸い込まれた後の毒の作用。この期間の治療中に、病気の症状が取り除かれ、毒性物質が体内から取り除かれます。

3.中毒の臨床症状の遅れ。 この段階で、臓器が子供の体内で傷ついたときに毒素によって引き起こされた症状が除去され、除去される。これまでに受け取った毒はすべて既に除去されています。

4.修復段階。この期間に、損傷した臓器の作業は正常化される。すべての期間は個体であり、生物の中毒の程度に依存する。

この問題に対処するには、子供に応急処置を提供し、すぐに医者に連絡する必要があります。

子供の食中毒の治療法は?

このような状況では、試してみることをお勧めします胃をすすぎ、大量の液体を飲ませる。医者が来る前に、あなたは嘔吐を引き起こすべきです。しかし、赤ちゃんが無意識の場合は禁忌です。さもなければ、彼は吐き気を抑えることができます。

病院に入った後、赤ちゃんを0.9%NaCl溶液を用いてプローブで洗浄する。

化学中毒の治療法は?

救急車が到着する前に、胃をすすぎ、下剤と活性炭を与える必要があります。

食中毒の治療法

中毒が薬で起こった場合、それは薬のパッケージを保つ価値がある。それは医師が適切な治療を処方するのに役立ちます。

あなたが家庭用化学物質の体に入った場合、子供にはヒマワリ油の飲料を与えるべきです。この場合の嘔吐は、さらに怪我やけがの原因となります。

子供の微生物中毒の治療法は?

原則として、それは大きな損失を伴います赤ちゃんの体からの液体。したがって、子供により多くの体液と毒素に結合し、身体から排除するのを助ける吸着剤を与える必要があります。また、医師は、この状況で液体とともに、マイクロエレメントを含む薬物の服用を処方し、身体から洗い流される。

このような状況を回避するには、予防にもっと注意を払う必要があります。

- 有害で有毒な物質や製品はすべて、赤ちゃんの手の届かない場所に保管してください。

- 赤ちゃんを調理するために使用される製品は新鮮でよく洗ってください。

- 通りや公共の場所では、子供たちを注意深く監視する価値があるので、特に口に入れられない余分なものには触れません。