慢性咽頭炎:外見の原因、コースの特徴および治療

健康

今日の慢性咽頭炎非常に一般的です。実際、すべての患者がすぐに医者に助けを求めるわけではありません。ほとんどの人は自分で病気を治そうとします。この場合、病理は合併症をもたらし、慢性形態に変わる。ほとんどの場合、この病気は男性に現れます。そして平均的に、そして高齢者では、彼は若い男性よりもずっと頻繁に出会う。

慢性咽頭炎
慢性咽頭炎はしばしば喫煙者に発症する人々。さらに、この病気は、ガス状の汚れた空気、歯の虫歯病、鼻咽頭粘膜の炎症過程の長期化、内臓器官の様々な病変、ならびに代謝の障害によって引き起こされる可能性がある。咽頭炎には、単純型、亜栄養型、肥大型、顆粒型のいくつかの形態があることに留意すべきである。当然ながら、それぞれには独自の治療が必要です。

慢性咽頭炎は、医師の参加。自己投薬は状況を悪化させる可能性があります。もちろん、あなたは民間療法を使うことができますが、この瞬間を専門家と調整する必要があります。今、病気の症状を考えてみましょう。その中の主なものは次のとおりです。喉の痛み、痛みを伴う感覚、体温の不安定性、唾液分泌の増加。この病気の亜栄養型には、咽頭の乾燥が付随しており、これは嚥下することによって複雑になる。さらに、この場合、口臭を感じることができます。

慢性亜栄養咽頭炎治療
顆粒膜型の慢性咽頭炎円形または縦方向のリンパアデノイド形成によっても決定される。彼らは穀物の形をしており、赤い色が特徴です。当然のことながら、このような病態を治すためには、まずそれを引き起こす要因を取り除く必要があります。たとえば、悪い習慣を放棄し、体内のすべての感染性疾患や炎症性疾患を取り除き、あなたの健康を監視します。

一般的な治療は投薬を受けることを含む塩化ナトリウム(重炭酸塩)の溶液でうがいをする。さらに、粘膜はグリセリン、ルゴールまたはプロゴルゴールで潤滑される。フォークレシピに関しては、セージやカモミールなどのハーブの輸液が役立ちます。

慢性顆粒膜咽頭炎治療
あなたが慢性亜栄養咽頭炎を患っている場合、治療には薬物療法だけでなく、食事療法の確立も含まれます。主なもの - 熱い食べ物を食べないでください。あなたの喉を熱くすることができます。これは禁忌です。他のすべての手段が治療に役立つでしょう。さらに、代替治療法もある。例えば、凍結(凍結療法)。

慢性顆粒膜咽頭炎を患っている場合は、治療は、総合ビタミン剤、ハーブ注入基づく吸入(カモミール、キンセンカ、セージ)を使用して強制的にトレッド生物を復元することを含みます。さらに、食事を制限し、アレルギー反応を引き起こす可能性のある製品の使用を許可しないようにしてください。当然、悪い習慣を放棄する必要があります。顆粒は、従来のヨウ素で焼灼することができる。治療の根本的な方法は手術であり、その間に新生物が咽頭粘膜から除去される。その後は、あなたの医師が処方した薬を服用しなければならないので、合併症なしに回復が行われます。