糖尿病の最初の徴候

健康

糖尿病の判定方法は? 今日、この共通疾患の初期段階での診断は非常に重要です。しかし、この病気に罹っているほとんどの人は、彼の症状を知らず、彼の症状に興味もない。この病気の発症の結果は非常に悲しいので、同情。

真性糖尿病は内分泌疾患を指し、特に、それは、ホルモンインスリンと身体の細胞との相互作用の機構に違反するか、またはインスリンが十分な量で産生されないことに関連して、膵臓の障害に関連する。インスリン不足のために、血糖値は上昇するが、細胞は機能するために必要なエネルギーを受け取らない。症例の50%における糖尿病の症例の総数のうち、以下の合併症が生じる:

  • 視覚障害;
  • 腎臓病の発症;
  • 神経系の疾患の発症。

分類により、真性糖尿病は2つのタイプ。第1のタイプは、不適切な膵臓の働きにより体内で産生されるインシュリンの量が不十分であることに関連する。圧倒的多数の第1型糖尿病患者は、インスリンの定期的な注射のためにのみ生存する。第2のタイプの糖尿病は、細胞とホルモンインスリンとの相互作用の障害に関連しており、しばしば患者が長い間病気に気づいていないことがあります。糖尿病の症状の無知に関連して、この疾患は、例えば、砂糖の分析や尿の分析の際に、誤って診断されることが多い。

真性糖尿病の出現はそれは人生のあらゆる段階に現れることができますが、それでもなお、高齢の人口集団は、その発達の最大の危険にさらされています。成人の糖尿病の最初の徴候は、基本と副に分かれています。

糖尿病の主な徴候:

  • 頻繁な排尿。その中にグルコースが存在するために尿圧が上昇するため、トイレへの旅行の頻度が大幅に増加する(夜間および日中の両方で)。
  • 過度の割り当てに関連する渇き尿人が渇いている場合、通常よりもずっと多くの水を飲むと、これらが糖尿病の最初の兆候である可能性があります。
  • 飢えの絶えざる気分。この症状は、インスリンを含まない細胞がグルコースを機能してその機能に必要なエネルギーに加工できないという事実に関連する。
  • 原因不明の体重減少、疲労まで。これは糖尿病の症状でもあり、食欲増加の背景に向かって発症し、細胞内のグルコース不足に関連しています。

上記の糖尿病の最初の徴候は、1型糖尿病の特徴であり、患者はすぐに現れ、患者は容易に発症の時期を命名することができる。

二次症状は次第に発生する人生を通して。それらはすべてのタイプの真性糖尿病に典型的です。これらは、まず、皮膚の問題です。糖尿病は、長期間治療される長期の皮膚疾患を特徴とし、感染症の病巣は充足する傾向がある。また、場合によっては、指と足指で始まり手足で終わる四肢の感受性の低下が記録される。これには、皮膚のかゆみ、粘膜のかゆみ(女性にとっては膣のかゆみが特徴です)が含まれます。

糖尿病の最初の兆候は何ですか?存在する?それらには一般的に抑圧された状態、生物の弱点を参照することはまだ可能です。これは血糖値の上昇によるものです。砂糖は、インスリンの影響下で血液に入り、必要なエネルギーを生成するためにそれを使用する細胞によって同化される。インスリンが産生されない場合や、細胞との相互作用が妨げられた場合、糖は処理されずに血液中に残ります。さらに、真性糖尿病は、一定した口渇および頻繁な頭痛を引き起こす。視力も低下することがあります。

今日、すべての人は注意を払うべきです医師の助けを求めるために、この病気の徴候を調べる。健康状態に対する注意深い態度だけが、生命を脅かす合併症の発症を避けることを可能にします。