授乳中の咽喉の治療法:製薬法と民間法の使用

健康

母乳育児用医薬品の使用常に許可されて正当化されているわけではありませんが、母親は風邪の影響を受けないので、安全な方法で喉を治す方法を知っていなければなりません。授乳中の咽喉の治療は、母親の診断と一般的な状態に左右されます。

授乳中の喉の治療

どんな病気が咽喉を引き起こすのですか?

最も一般的な疾患喉を打つ - それは狭心症、咽頭炎、喉頭炎、粘膜のカンジダ症です。どの病気が咽喉の原因であるかを自分で判断するには、付随症状を知る必要があります。授乳中の咽喉の治療は、診断に直接依存する。

狭心症は高熱を伴う(38度)、扁桃腺の炎症(検査時には、赤くなった扁桃腺に詰まったカプセルや静脈が存在することがわかります)。アンギナは、適切な治療法を選択できる医師に強制的に訪問する必要があります。しかし、ほとんどの場合、抗生物質のコースが必要です。扁桃炎では、医師に相談し、必要な検査を受けなければなりません。

喉の痛みと母乳育児

喉頭炎は喉の痛みです。カタル性疾患。それは、咽喉、喉頭および声帯に局在する。低体温症に起因し、場合によってはウイルス感染によって引き起こされることがあります。気管が冒されると、乾いた咳が出ます。

喉の痛み

咽頭炎は、炎症喉の後ろに局在する。体温の僅かな上昇、鼻水及び乾燥咳を伴い得る。原因物質は、感染症またはウイルスであり得る。授乳中の咽喉の治療は、民間療法の使用に基づいています。咽頭炎および喉頭炎は、処置が時間通りに開始されれば危険な病気ではない。

粘液性咽頭の真菌性疾患の治療

カンジダ症は小胞の存在を特徴とし、チーズの排出、浸食、口と喉の粘膜の重度のかゆみ。原因物質は真菌微生物である。カンジダ症の治療の任命のためには、診断検査室検査を行う必要があります。

授乳中の咽頭の治療は、抗真菌効果を有するリンスまたはエアロゾル、ならびに経口投薬(錠剤)を用いて行われる。

授乳中の咽喉炎の治療

咽喉治療用医薬品製剤

痛みを排除するために使用される手段スロートは、ロリポップ、スプレー、ロゼンジなどのいくつかのグループに分けられます。これらのグループの薬物のほとんどは、授乳中の母親に禁忌である。授乳中に喉の治療を安全に行うためには、そのような医薬品に優先する価値があります:

  • "Ingalipt" - 喉のスプレー、レンダリング抗真菌効果、殺菌効果および抗菌効果をもたらす。喉の灌水の前にぬるま湯ですすいでください。これにより、エアロゾルの治療効果が高まる。
  • 「Geksoral」 - エアロゾル。抗菌・防腐効果があります。この薬で授乳中の喉の治療は安全で効果的です。
  • 「フラライン」は、あなたの喉をすすぐために使用される錠剤です。暖かい水のガラスに2枚ほど溶かしてください。この方法は、授乳中の母親に最適で安全です。
  • 「ミラミスチン」は、フルチリナの類似体である。鼻腔のすすぎおよび灌流に使用される。
  • "Lizobakt" - 喉の治療のためのロリポップ。薬物の治療用量の正確な遵守を伴う母乳育児で許容される。

薬を使用する前に個々の症例と同様に、子供にアレルギーや素質がある、母親の健康に問題がある、治療薬を慎重に選択する必要があるなど、特別な状況があるように、医師に相談してください。

授乳中の咽喉や咳の治療

喉の治療のためのフォークのレシピ

喉の痛みを取り除く別の方法があります母乳育児のとき。伝統的な方法による治療は、医師に相談し、最適な薬草を選択した後にのみ行うべきである。

ハーブの煎じ薬(カモミール、セージ、カレンデュラ)によるうがいは、民間薬で広く使用されています。また、すすぎのために、数滴のヨウ素を加えてソーダ溶液を使用することもできます。

他の治療法は吸入である。 これを行うには、 "Ingalipt"、茹でたジャガイモまたはソーダ溶液を使用することができます。喉の痛みに対処する最も簡単な方法は、蜂蜜とバターで温かいミルクを使用することです(子供が小さい場合は、蜂蜜を入れてアレルギーを防ぐことはできません)。

授乳中の咽喉や咳の治療は、適切に診断された場合にのみ有効です。さもなければ、あなたの健康だけをもっと損なうことができるこの方法。