"Presista"(ダルナビル):価格、アナログ。どのようにプレステスタを買うのが安いですか?

健康

薬用調製物「プレスタ」は、HIV感染の治療であり、抗ウイルス剤のグループに属する。薬物の活性物質であるダルナビルは、HIV-1プロテアーゼを阻害する。同時に、人体のプロテアーゼには影響がありません。

「Presista」は、錠剤で投与可能である400,600および800mgのダルナビルを含む。プエルトリコで製造される薬の1パッケージの費用は、投与量に応じて10〜30,000ルーブルである。 "Presista"の準備のために価格を下げることはできますか?結局のところ、治療は、原則として、薬物の1つのパッケージの使用に限定されない。あなたやあなたの愛する人が購入できる薬は安いです。

ジェネリックの利点は何ですか?

ジェネリック医薬品はオリジナルと同じくらい有効な薬ですが、より安い価格で販売されています。なぜこれが起こっているのですか?

オリジナルメーカーこの薬物は、新薬を放出する前に、有効な治療薬を開発する。その後、彼女は強制的な臨床試験を行い、潜在的なバイヤーが新しいツールについて知ることができるように広告キャンペーンを開始します。

ジェネリックプロデューサーは、既に開発されたオリジナルのレシピを使用し、テストや広告にお金を費やしません。それがジェネリック薬が安価な理由です。

「Presista」の準備はどのように安くなっていますか?

HIV治療に必要な薬剤は、ウェブサイト VVV.ARB24.NET。これは、既知の薬物のジェネリック医薬品を提供するインドのオンライン薬局です。また、ロシアやCIS諸国の従来の薬局よりも値段が安い「プレスタ」もあります。

注文するには、書類が必要です。治療計画において薬物を使用する必要性を確認した。ご質問がありましたら、インターネットリソースをサポートスタッフにお尋ねください。

プレシスタ

"Presista":使用説明書

この薬剤は低用量のリトナビルで処方されています。後者は、ダルナビルの薬物動態特性を改善する。

薬は食べ物と一緒に取るべきです。 「Presist」の患者に通常処方される投薬量は800mgである。しかし、その減少はいくつかの臨床的ケースでは可能である。だからこそ、薬の予約とその投薬量の調整は、経験豊かな専門家に任せてください。

副作用

「Presista」という薬は、体の以下の否定的反応を引き起こす可能性があります:

  • 皮膚発疹;
  • 下痢
  • 頭痛;
  • 嘔吐;
  • 急性腎不全;
  • 肝炎;
  • 発熱;
  • 骨壊死;
  • 心筋梗塞。

うつ病や不眠症も、この薬の副作用の可能性があります。

禁忌と注意

ダルナビルの個々の不耐性を有する患者または処方の補助物質を有する患者に、「Presist」という薬を処方しないでください。

重度の腎不全では、薬物も処方されていない。

小児期の患者さんには注意が必要ですが、医師は用量を調整する必要があります。