薬「パンジノーム」。使用方法

健康

"Pansinorm"という薬は十分に考慮されている過食後の胃の重篤度を排除する効果的な治療法。薬の欠点には、比較的大きなサイズの錠剤と、多量の液体でそれらを洗い流す必要があることが指摘されています。これは時には胃が充満しているため問題になります。

薬「Panzinorm」は、その組成にコール酸(胆汁酸)、アミラーゼ、キモトリプシン、トリプシン、リパーゼおよび他の成分は段階的効果を有する。したがって、胃溶出シェルペレットで。アミノ酸とペプシンの塩酸塩が薬物から放出される。糖衣錠のコアは、胃の酸性環境に耐性があります。小腸に突き当たり、崩壊する。その結果、脂肪の乳化をもたらし、リパーゼ活性にとって好ましい環境を形成する膵臓酵素(プロテアーゼ、アミラーゼおよびリパーゼ)およびコール酸の放出。

特定の成分は薬物から単離されている彼らが効果的になる場所を正確に示します。したがって、タンパク質、炭水化物および脂肪の消化プロセスは、消化管における様々な障害の背景に対して刺激される。

麻薬「パンシノーム・フォルテ」の使用説明書は、慢性膵外分泌機能の慢性膵炎および膵機能不全の治療を推奨しています。

個人との禁忌薬物肝不全および肝性昏睡、急性膵炎またはその慢性経過の悪化を含むが、これらに限定されない。投薬 "Panzinorm"の使用説明書は、胆管または膀胱に膿がある患者へのダクト閉塞に関連する黄疸を推奨しません。

特別な指示

患者は、利用可能なすべての慢性病状について医師に知らせるべきである。

希望の結果がない場合、または症状が悪化した場合は専門医に相談する必要があります。

薬物中に存在するコール酸は、肝疾患(特に閉塞性疾患)の悪化を引き起こす可能性がある。

膵臓線維症の患者では、膵臓酵素である「Panzinorm」剤の高用量を服用すると、大腸の閉塞を引き起こす可能性があります。

糖尿病患者を指名する際には、各ペレットに砂糖0.22グラムが含まれていることを考慮する必要があります。

小児期における薬物の安全性は確立されていない。

授乳中および妊娠中に「パンジノーム」をとることの便宜は、医師によって決定される。この場合、利益とリスクの比率を考慮する必要があります。

練習が示すように、薬は精神物理学的可能性に影響を与える能力を持っていません。

膵臓の酵素は、葉酸の吸収を遅くする可能性があります。

投与レジメン

治療全体の継続において、患者は、医師の推奨に従ってください。この状態に応じて、薬剤の投与量を調整する。使用するための薬物 "Panzinorm"の指示は、少量で開始することを推奨します。受領した資金の増額(必要な場合)は、専門家の監督下で徐々に実施されます。

原則として1日2〜3回、1日2〜3回の錠剤を服用してください。使用するために "Panzinorm"の指示を飲むことをお勧めします。

患者がメイン食事の間に軽い食事を必要とする場合、より多くの薬を飲むことができます。

臨床的実践は薬物過剰摂取の症例を記述していない。おそらく、高尿酸血症、高尿酸血症、下痢、肛門周囲皮膚刺激が起こることがあります。

薬の副作用には、 "Panzinorm"の使用説明書には、腹痛、便秘、軟便、悪心、過敏反応が含まれます。

製品を使用する前に、要約を読んで医師に相談してください。