アステア症候群 - それはなんですか?無力症の原因と症状

健康

アステニアは一番の医療行為の最も一般的な問題。誰もそのような障害に対して免疫がありません。だからなぜ無症候性の症候群があるのですか?それは何で、どのような症状が伴いますか?医師がどのような治療法を提供していますか?

大脳無力症症候群

アステア症候群 - それはなんですか?

「無力症」は、付随する状態を指す徐々に出現する精神病理学的障害。原則として、症候群には慢性疲労および栄養障害が伴う。現代の研究者は、身体の重度の疾患でしばしば観察される神経系の徐々の消耗による無力症の発生を説明している。このような障害は、原発疾患と同時に、およびリハビリ期間中に現れることがあることは興味深い。

無力症の発症の主な原因

既に述べたように、この症候群は、栄養素、ビタミン、酸素などの不適切な量に関連している。この状態は、心臓病、神経学、婦人科および現代医学の他の多くの枝で診断されることが多い。

今日まで、多くのスキームがありますそのような違反の分類。有機無力症は脳の損傷を伴う。危険因子には、神経系の炎症性および感染性疾患、ならびに腫瘍、頭蓋脳損傷が含まれる。例えば、脳梗塞症候群は、脳血管における血流の侵害によって引き起こされる。風邪、肺炎、潰瘍、慢性胃炎、肝炎 - これは中枢神経系の枯渇につながる可能性があります。

分離し機能的な無症候性症候群。それは何ですか?この障害は、原則として、精神的および肉体的疲労、重度のストレスに関連する。

無力症の症状は何ですか?

ほとんどの場合、無力症は慢性疾患であり、徐々に発症する。すべてが軽度の病気から始まります。いくつかの基本的な特徴を区別することが認められている:

無力症候群それは何ですか?

  • 神経衰弱症候群には、慢性疲労。安らぎと長時間の睡眠でさえ、人が力を回復するのを助けません。徐々に作業能力を低下させる - 患者は仕事の困難を経験し、記憶と集中に問題がある。
  • 睡眠障害はこの状態の特徴である。 一部の人々は不眠症に苦しんでいます。他の人は覚醒後に眠りにつくことも、弱くなることもありません。いずれにせよ、長時間の睡眠でさえも力が回復しないので、その日に眠気の絶え間ない攻撃に苦しむ。
  • 一定の疲労および眠気のために感情喚起障害も現れる。いくつかの患者は不必要に過敏で神経質になり、しばしば素早くその性格を失う。それとは反対に、他は無情で、遅く、受け入れられません。しばしば、気分の急激な変化を観察することができる。
  • 神経系の疲労が仕事に影響する生物全体の衰弱症候群に伴ういくつかの栄養障害がある。これらの障害は何ですか?まず第一に、体内の頻脈、悪寒または発熱は発汗を増加させます。患者は頭痛、血圧の変化、効力の低下に苦しむことがあります。

神経緊張症候群

無力症の治療法

もちろん、当初、患者は完全な検査、無力症候群の発症の原因を特定することが重要であるため。ほとんどの場合、患者はCNSの機能を回復に役立つ推奨向知性薬および神経保護剤を、受け取ります。それにもかかわらず、唯一の有効な治療法は仕事と休みの最適な体制を作ることです。

最初の数ヶ月で、患者は休息、特にサナトリウム治療。それは非常に重要な食事です - 食品は栄養価が高く、必要量のすべての有用物質を含んでいなければなりません。成功した治療は、職場や家族でのリラックスした雰囲気の創造だけで可能です。

最も重篤な症例では、患者は抗うつ薬および抗精神病薬を服用し、精神科医と定期的に訓練を受ける必要があります。