民間療法による前立腺炎の効果的な治療

健康

前立腺炎は中年と高齢の男性の心配が多い一般的な疾患です。この疾患の結果として、勃起が悪化し、不快な感覚が生じる。

病気を軽減するために、ほとんどの場合、マッサージの助けを借りて、民間療法、薬物療法による前立腺炎の治療。多くの医師は、病気との効果的な闘いにはかなりの金銭的費用がかかると主張しています。実際、祖先の経験に基づいて多くの安価で効果的な技術があります。フォーク法による前立腺炎の治療には、数多くのハーブ、パップ剤、注入剤などが含まれます。さらに、現代の医薬品には、アレルギーやその他の健康問題の原因となる多くの化学物質が含まれています。

実際には、カボチャの種子での治療。この方法は非常によく証明されています。薬を準備するには、新鮮なカボチャの種が必要です。それは、チョッパーや肉挽き器に通されます。得られた塊を同じ割合で蜂蜜と混合し、少し加熱する。次に、組成物を冷蔵庫で数時間冷やす。受け取った薬から、直径1/2の錠剤が作られる。

蜂蜜からの民間療法による前立腺炎の治療カボチャは、正しい受信モードが観察された場合にのみ有効です。あなたは食事の前に午前中に薬物を消費する必要があります。カボチャ蜂蜜の錠剤を絞るのが一番です - それ以上のメリットがあります。 1つの条件があります:治療の経過は1年に1回よりも頻繁に行われなければなりません。

前立腺炎はまた、栗で処理されます。腺腫の炎症の原因を取り除く。このメソッドは副作用がありません。チンキを作るためには、茶色の皮を剥がし、果物を小さな部分に切断する必要があります。得られた混合物を沸騰水で注ぎ、一晩サーモスビンに入れる。不純物の出現を排除するために、組成物をガーゼを通して濾過する。お茶の代わりに使用します。この方法による治療のタイミングは様々であり、さらにいくつかの特徴がある。栗のチンキは炎症や不快感を和らげます。しかし、病気の原因を取り除くためには、同じ休憩で月に3回のコースを受ける必要があります。治療の一般的な期間は約半年です。

前立腺炎の治療と予防は、ハーブの助けを借りて行うことができます。

いくつかの便利なレシピ

ハーブのcelandineからジュースを絞って、それを希釈する1対1の純粋な医療用アルコールの比率で投与する。朝食べる前に使用してください。最初の日には1滴、2番目には2滴というように。月末には、チンキの量は30滴に達する。

民間療法による前立腺炎の治療ピンクのラジオリンクで実施した。刻んだ根の大さじを沸騰した水のガラスに注ぎ、水浴に入れる。 1時間の注入後、生成物を濾過する。彼らは朝と午後に半分のカップを取る。

前立腺炎は、パセリ、カウベリー、サンザシ、バレリアン根、および抗炎症効果を有する他のハーブを含む。植物を粉砕し、沸騰水で注ぐ。感染性の前立腺炎に有効な緊張治療薬は、朝夕の半カップで消費されます。

前立腺炎の人々の治療ハーブの助けを借りて、長い時間を持つことを意味します。標準コースは6ヶ月間続きます。これらの方法の利点は、それらの無害性および高い効果である。それは、胃や腸に問題がある患者に空腹でアルコールチンキを使用することを避けるべきです。前立腺炎のリストされた民間療法はすべて組み合わせることができます。