「Colortort」準備:使用法、アナログ、構成およびレビュー

健康

鎮痙剤は薬用です筋痙攣を抑制する薬物(植物を含む)。このような薬物は、しばしば消化管の不快感を排除するために処方される。さらに、鎮痙薬は、泌尿器系の疾患に使用することができる。

着色指示書

そのような特性を有する最も一般的な薬剤は、「コロポート(Kolofort)」薬物である。薬物の使用、価格、レビュー、類似物質の指示およびその特徴についてさらに説明する。

構成、フォーム、パッケージ、説明

どのような形で薬 "Colofort"の典型的なものですか? 使用説明書、患者のレビューでは、このツールは吸収のための錠剤の形態で購入できると主張している。彼らは、白い色、平らな円筒形、ファセットとリスクを持っています。

この薬物の活性物質は親和性精製されている:

  • タンパク質脳特異的S-100に対する抗体;
  • ヒトTNF-アルファに対する抗体;
  • ヒスタミンに対する抗体。

この薬物の組成物中の追加の成分としては、ラクトース一水和物、ステアリン酸マグネシウムおよびMCCが挙げられた。それは輪郭のセルに入っています。

薬の特性

"Colortort"とは何ですか?使用説明書(以下の価格、レビュー)は、これが抗炎症薬、抗不安薬および鎮痙薬であると述べている。

専門家は、主要成分ヒスタミン抗体、シグマ1及びセロトニン受容体 - - プロテインS-100に対する受容体TNF-α抗体 - 薬物の活性は、対応する内因性受容体のTNF-αに(すなわち、抗体とリガンド - 受容体作用コントローラを改変したHに4 - 消化管に局在する胃酸受容体)。

colophoreユーザーマニュアル

3つの活性成分の組み合わせは、腹部痛症候群を含む機能的な腸障害の末梢および中枢のリンクに対して複雑な作用を可能にする。

タンパク質S-100に対する抗体は、広いスペクトルを有するノートロピック、抗不安薬、抗喘息薬および抗うつ薬の効果を含む、これは、不安、内的緊張、および大腸の働きを含む多くの内臓機能の正常化の排除に現れる。また、この要素は鎮静作用を持たず、離脱や中毒を引き起こさないことにも留意すべきである。

TNF-アルファに対する抗体は、顕著な抗炎症効果を有する。彼らはまた、抗炎症性および前炎症性サイトカインのバランスを正常化する。

ヒスタミンに対する抗体は、抗浮腫性、鎮痙性および抗炎症性の特性を有する。

薬剤の性質

「Colofort」という薬について注目すべき点は何ですか? 上記のすべての成分の組み合わせは、腸機能の神経性および体液性調節の正常化に寄与し、また、内臓過敏性受容体を減少させるという報告を使用するための説明書。また、このツールは、消化管の運動性を回復さ鼓腸や膨満感を解消し、疼痛症候群の重症度を軽減します。

カラースキームユーザーのマニュアル価格

薬物の抗痙攣効果は、胃腸壁緊張、平滑筋弛緩、還元及び糞便管腔内圧力の正常化を減少させる明示しました。

錠剤の使用に関する適応症

どのような場合には、吸収 "Koloftort"?使用法は、この治療法がIBSの治療に積極的に使用されていると述べています。さらに、胃腸管の一般的な機能障害に対して処方することができる。

投薬禁忌

「Koloftort」という薬をいつ処方してはいけないのですか? 使用のための指示は、この治療が薬物の要素に対する過敏症の存在下でのみ禁忌であると主張する。この薬には他に禁​​止がありません。

「Colofort」錠:使用説明書

問題となっている資金の価格は、100錠当たり約400ルーブルです。

「Colofort」という薬は、内部だけで飲酒されなければなりません。この薬の1回の投与量は、1日2回、1回または2回の錠剤である。それらは溶解するまで口中に保持されるべきである。

薬を服用するのは食事の前にすべきです。そのような投薬による治療の経過は1〜3ヶ月です。必要に応じて、治療を6ヶ月に延長するか、2ヶ月後に繰り返すことができます。

colophoreユーザーマニュアル

病気が悪化した場合、投薬摂取の頻度を1日2回まで1日4回まで増やすことができます。

薬を服用した後の副作用

どのような副作用に遭遇する可能性があるのか​​、準備 "Koloftort"を使用して?使用説明書には、問題の薬剤が患者によって非常によく耐容されると記載されている。まれにしか過敏反応を引き起こすことがあります。

再吸収のための錠剤の吸収のための特別な推奨

当該ファンドの構成には、したがって、ガラクトース/グルコース吸収不良症候群、先天性ガラクトース血症、および先天性ラクターゼ欠乏症を有する人々に投与すべきではない。

この投薬は、患者が車両を運転する能力や危険なメカニズムに影響を与えません。

医薬品のアナログ

「Colofort」の準備は次のように置き換えることができます"Antiflat Lannaher"、 "Plantex"、 "Bobotik"、 "Bebinos"、 "ガスコンドロップ"、 "Disflatil"、 "Gastrokap"、 "Ditsetel"、 "Meteospazmil"、 "Iberogast"、 "Pepsan-R" を意味し、 "シンプレックス"。記載されている薬は医師にのみ処方する。

カスタマーレビュー

今、あなたは薬「コロフォート」の特徴を知っています。この薬の使用、価格、レビューについての説明は、この記事で紹介しています。

colophoreのユーザーレビュー

消費者レビューによると、この薬剤は過敏性腸症候群において非常に有効である。治療の経過後、患者は便を完全に正常化し、この疾患に関連するすべての痛み感覚は消失する。