どのように子供の咽頭炎治療を選択する

健康

寒い冬には、最も頻繁に子供の病気はちょうど咽頭炎でした。咽頭炎は、喉の粘膜の炎症過程である。しかし、病気そのものは非常にまれで、ほとんどの場合、咽頭炎は上気道のインフルエンザまたは急性炎症を伴う。通常、両親は赤ちゃんの赤い喉の病気を学びます。小児(2年まで)では、この疾患は重度の形態で起こり、急性鼻炎および鼻咽頭の炎症と合併することさえある。

子供の咽頭炎の治療

子供の咽頭炎の治療

医師は治療の過程を観察しなければならない。小規模な患者を診察した後に治療を選択し、子供の一般的な状態に基づいて治療を行うのは医者です。子供の咽頭炎の治療 特別なダイエットを通じて実施することができ、ホットフットバス、フォークレシピ、例えば:蜂蜜入りホットミルク、様々な喉のすすぎ、圧縮、吸入および投薬。

電源

子供の咽頭炎の治療には、適切な栄養を含む。原則として、冷たすぎたり暑い食べ物は患者の食生活から取り除かれます。また、辛い食べ物や塩辛い食べ物の使用を制限する必要があります。家庭の天然ジュース、特に柑橘類から調製された、より良い非炭酸ミネラルウォーターを飲む。レモンのスライスでお茶を飲むのは良いことです。

急性咽頭炎。子供の治療

この形の喉の粘膜の病気通常は呼吸器疾患に付随する。ウイルス起源は、連鎖球菌Aまたは他の病原体によって引き起こされ得る。

子供は喉に痛みを感じ、灼熱してかゆみを感じ、わずかに咳をし、耳の痛みを訴えることができます。赤ちゃんは文句を言うが、別の方法での問題について話すことはできません。泣いて、夜に不十分な睡眠、食べることを拒否します。また、急性咽頭炎は、多くの場合、咳、鼻水やくしゃみだけでなく、発熱や結膜炎を伴います。

小児における急性咽頭炎治療

正しく扱う

  1. 喉は、食事の後、1日4回、ハーブ、海塩、防腐剤ですすぎます。
  2. 咽喉には防腐剤または"Geksoral"、 "Kamenoton"、 "Ingalipt"、 "Yoks"、 "Tantum Verde"、 "Bioparox"などの抗生物質を含むエアロゾル。注射は、1日4回、2〜3回投与する。
  3. 子供の咽頭炎の治療を委託することができます"Falimint"、 "Pharingosept"、 "Laripront"、 "Strepsils"などのような、組成物中に鎮痛剤および抗菌剤を含む特別な吸うキャンデーまたは錠剤。
  4. 細菌性咽頭炎は抗生物質を必要とする。

もちろん、赤ちゃんは丸薬を吸うことも、喉をすすぐこともできないため、豊富な飲酒と喉の灌流が行われます。

カタル性咽頭炎治療

咽頭炎のカタール:治療

Catarrhal咽頭炎は粘膜のみの炎症を特徴とする。それは深くはないし、リンパ節を炎症させない - そのような病気はすでに顆粒膜咽頭炎と呼ばれています。

正しい診断をするために、医師は検査を行います喉。それは赤くなり、膨潤した膜で乾燥しているように見えます。このような症状に応じて、治療は処方されるが、これは通常、すすぎおよび胆汁咽頭炎の噴霧に限定される。

このような問題を避けるためには、子供の免疫系を強化し、ビタミンを摂取し、適切に食べ、焼き払わなければならない。そしてあなたの子供は冷たい霜を恐れることはありません!