心臓の心エコー検査:この調査の特徴とその実施の兆候

健康

心臓の心エコー検査(ECHO-KG) - 超音波この臓器の弁の状態、その空洞の大きさおよび壁の厚さ、ならびに心筋の機能の特徴を評価することができる検査。さらに、この検査では、心臓内の血流の方向と速度、および肺動脈の圧力を決定することができます。 ECHO-CGは以下の条件で使用されます。

心エコー検査

•聴診で検出された心臓の病的な音;

•右心不全または左心室不全の症状。

•心臓のリズム障害。

•冠状動脈性心疾患;

•胸部外傷;

疑わしい大動脈瘤;

•敗血症状態;

•病理学の患者の抗菌薬による治療。

心エコー検査
心エコー検査はどのように行われますか?

この研究の前に、患者は特別な訓練を必要としません。心臓の超音波を行うために、セクタの形で光線を生成する特別なセンサが使用される。

私は、ECHO-CGの実施に使用されるいくつかのポジションがあると言わなければならない:

大動脈の大動脈は、長い心臓軸の投影において研究される;

•心の短軸の投影は大動脈弁、肺動脈、左心房、肺動脈弁と右心室、および冠状動脈の口の中の状態を「見えます」。

•馬(または4つの部屋)の位置、いつセンサーは、(第四肋間空間での)心の頂点に設置され、収縮と弛緩、ストローク量(2つのレートの差)だけでなく、駆出分画中に左心室のボリュームを修正することが可能となります。

•5室の位置は、大動脈内の血液の移動速度を決定するために使用される。

左心室の空洞の測定値を精緻化するためには、2つのチャンバーの位置が必要です。

また、心臓の心エコー検査特定の要因を決定することができます:心臓指標と左心室の質量指標。これらの指標は、人の体重や身長に応じて、心臓のパフォーマンスを評価するために重要です。

心エコー検査価格
心臓の心エコー検査:利点

この心臓検査の主な利点には、以下のものがあります。

•可用性。

•運動のスピード。

•技術の非侵襲性(皮膚の完全性の侵害を必要としない)。

•有益な情報。

•特別な訓練は必要ありません。

•患者の生命や健康に危険をもたらすものではないため、繰り返し実行することができます。

私はそれを言う必要があります心エコー検査では、結果のノルムは患者の年齢および性別に依存する。したがって、心室の大きさ、それらの圧力、壁やその他のパラメータの厚さなど、さまざまなカテゴリーの患者では、まったく同じではありません。

心エコー検査が必要な場合は、この調査は、実施される医療機関の地域とレベルに応じて800〜1,800ルーブル以内で変動する可能性があります。

調査全体の期間は主に15分を超えないこと。現在まで、手技中に既に画像を取得し、心不全の兆候を効果的に検出できる最新の装置が使用されています。