1つの目は別のものよりも悪いと見なす:処置の可能な原因および特徴

健康

視覚のそのような一般的な疾患近視、白内障、斜視のように、しばしば弱視と呼ばれる疾患を伴う。この病理は、一方の目が別の目よりも悪く見えるという事実につながる。病気は「怠惰な目」としても知られています。一方の目が他方の最悪を見ているときに病気が何であるかを見てみましょう。そのような違反が起きた場合はどうすればいいでしょうか。

弱弱とは何ですか?

片目は別の目より悪い
病理学の中心には、ビジュアルアナライザの機能不全の発症があります。幸いにも、目に有機的な損傷の要因がないので、このプロセスは可逆的です。

なぜ1つの目は他のものより悪く見えるのですか? 視神経と脳の対応部分との妨害された相互作用のために同様の状態が生じる。これの主な問題は、双眼視力の喪失である。実際には、脳は左右の目からの信号を同期させることを拒否します。そういうわけで、一方の目は別の目より悪く見え、患者が周囲の現実を客観的に評価することは極めて困難です。網膜上に形成された画像は、通常の輪郭を失うだけでなく、体積が少なくなる。

病理発生のメカニズム

なぜ視力は悪化しますか? 幼い頃より目が見えることが多い。成人は同様の違反に苦しんでいます。この現象のメカニズムは、より少ない質の画像を片眼で送信することにあります。したがって、脳は、受け取った信号を一般的な全体像に結合できないことが分かります。その結果、画像が分割されます。

弱視の発達とともに、脳は徐々に目の使用をやめ、間違った画像を形成する。初期の小児期から病理が存在する場合、眼は同期的に発達しなくなり、視覚系の他の病的状態の全身の発達につながる。

誰が危険にさらされていますか?

片目は別のものよりも悪いと思う
一方の目が別の目よりも悪く見える違反は、多くの場合、視力障害を患っている人、またはこの病状を持つ親戚がいる人で発症します。近視、遠視、乱視、目の曇ったレンズの修復を目的としたタイムリーな措置をとることができなければ、弱視も起こりうる。シンドロームの発症は、健康が悪い、早産児に影響を及ぼします。

弱視の種類

病気の病因に基づいて、その次の種類が区別されます:

  1. 屈折弱視 - その結果、一方の眼の網膜上にファジー画像が系統的に形成される。しばしば、これは、近視、すなわち、視力矯正用眼鏡を装着することを躊躇してしまう。
  2. 二眼球の弱視 - は、斜視の存在下で一般的な病理である。
  3. Obscuration amblyopiaは、遺伝的性質の侵害であり、遺伝的性質を継承しています。先天性の眼瞼下垂や白内障で発症することがあります。
  4. Anisometropic amblyopia - 一方の目がほんの数ディオプターよりも悪い方を見る場合に徐々に形成されます。

治療

なぜ片目が別の目より悪く見えるのか
他の病理と同様に、弱視の発達は早い段階で良い。ここで成功を収めるには、早期診断が重要です。私たちは違反がそれ自体では成立しないことを理解しなければなりません。したがって、早期の適格医療が提供されるほど、完全な回復の可能性が高くなります。

目指す診断手順弱視の検出は、病理学の根本的な原因を確立することを可能にするアンケートの実施を示唆している。将来、眼科医は、病気の根底にある要因に基づいて、手術または保守的治療を命名する。

両親に視覚障害がある場合、小児は3〜5歳で完全な眼科検査を受けなければならない。この時期には、弱視の発症に対処することが最も簡単です。

弱い視神経を強化する特別なコンタクトレンズ、眼鏡またはレーザー補正が使用される。白内障または斜視の影響がなくなるまで、目は他のものよりも悪く見えます。治療法の組織への正しいアプローチにより、これらの方法は、提示された違反にかなり迅速に対処することを可能にします。

多くの場合、子供はいわゆる着用に割り当てられている海賊の包帯。このために、古いフレームのメガネは厚紙または不透明プラスチックで覆われています。 「強い」目を覆うことは、「弱い」視覚器官の働きをより活発にする。この装置の代わりに、一部の眼科医は、不透明なコンタクトレンズを着用する患者に、アトロピンで健康な目を注入し、ぼやけた画像を形成するように処方する。

レーザーの目の矯正は別のものより悪く見える

どこへ行くの?

治療法の複合体を開発する弱視を排除するために、経験豊富な医師の眼科医院が可能である。専門医は、診断を行い、矯正手術を処方し、特別なコンタクトレンズまたは眼鏡を選択する。最も有益な助けを得るには、私用眼科センターに連絡してください。しかし、後者の場合、すべてのサービスがより高価になります。

治療コスト

視力は他よりも悪い
ハードウェア技術を用いた治療公的医療機関では無料です。病気の根本が白内障の発生や白内障の発症である場合、弱者を排除するためには迅速な介入が必要です。そのような出来事の費用は約2万ルーブルから始まります。

結論として

あなたが見ることができるように、弱者はむしろです深刻な病理。あなたが人生の初期の年に病気の排除に注意を払わなければ、損傷した目は完全に正常に機能する能力を失う可能性があります。したがって、適時の診断と複雑な治療法の使用は、正常な視力回復に大きな役割を果たします。