糖尿病性血管症の違いは何ですか?

健康

専門家によると、糖尿病性血管症は、原則として、第1および第2のタイプの真性糖尿病によって発症するかなり危険な疾患である。医学では、この病気は、しばしば、いわゆる「小動脈血管」における開存性の一貫した違反によって特徴付けられる。糖尿病であっても血管が損傷したため、心臓、腎臓、さらには脳を含むいくつかの内臓器官の働きが著しく妨げられる可能性があります。この記事では、糖尿病性血管症を構成するものとそれを治療する現代的な方法について、可能な限り話し合う予定です。

糖尿病性血管症
優先順位の記号

この病気の最も初期の兆候の1つ医師はいわゆる「細小血管症」を考慮する。糖尿病自体の診断から8年後に最も頻繁に観察され、非常に急速に進行する。さらに、患者はしばしば眼の網膜、虹彩および脈絡膜の変化を訴える。この後、原則として、結合組織の発達である第1の濁りが顕著に強くなる。他方、糖尿病性血管症のような疾患は、微小動脈瘤および蝋状滲出物の存在を特徴とする。

血管障害糖尿病治療
病気の段階

現時点では、このような不快な問題の4つの段階を条件付きで区別しています。以下では、それぞれについてより詳しく説明します。

  • 第1段階は静脈が広がることを特徴とし、通常の状態ではすべての視覚機能が正常に維持されることに留意されたい。
  • 第2段階は、いわば当初の糖尿病性血管障害である。この場合、視力が著しく低下し始め、網膜の点状出血が現れる。
  • 第3段階は、体内の疾患の完全な支配を意味し、眼自体の多発性出血の形態および小静脈血管の血栓症の形で現れる。
  • 第4段階は既にこの疾患の増殖度である。

糖尿病性血管症。治療

下肢の糖尿病性血管症

このタイプの疾患の治療は、インスリン、アナボリックステロイド、さらには抗凝固薬を含む特定のグループの薬剤の摂取と同様に、さらに、現代医学の治療では、泥浴、水治療を使用して広く実施されている。視力の完全な消失を避けるために、追加のレーザー凝固を提供する専門医もいます。

予防措置

この病気からあなたの体を保護し、その表示の他の形態から(例えば、下肢の糖尿病性血管障害)が可能であり、特定の予防措置ことを条件とします。だから、すべての最初には、飲酒や喫煙を放棄するために、推奨される健康的なライフスタイルを行う必要があります。さらに、真性糖尿病を診断する場合、処置は遠隔ボックスに延期されるべきではない。さもなければ、結果は最も有利ではないでしょう。