抗生物質「アジトロクス」:指示書、アナログ、応用

健康

多くの場合、この場合の対症療法は一時的な救済をもたらすものの、効果的ではありません。 「アジトロックス」のような薬については、指示書は常にパッケージで入手できますが、記事で読むことができます。知覚の便宜のために、この指示は特別な言葉なしで簡単な言葉で繰り返す。

病原体に対する薬剤の効果の本質この病気は、抗生物質「アジトロックス(Azitrox)」が、病原性生物の再生が不可能な体内の状態を作り出すという事実にある。それは、細菌と感染症の他の病原体の急速な増殖にあり、現代の医薬品の助けを借りてこの複製を可能にすることを止めるために、健康が悪いから構成されています。薬物の有能な使用のためには、「アジトロックス(Azitrox)」の調製のために、その指示書は、その活性物質に感受性のない微生物の株を明白に列挙するという事実に注意する価値がある。それらのほとんどは、異なるタイプの腸炎を引き起こす微生物である。

Назначается препарат при инфекционных поражениях 地元の症状で皮膚が、これは毛嚢炎、丹毒、せつ腫症が含まれます。感染創、泌尿生殖器系、呼吸器系は、上気道消化器系の管および感染数の感染症を治療するために使用された場合に有効な手法は異なる薬です。 6%の薬物を受け「Azitroks」命令は、必ずしも身体主として由来の肝臓、腎臓から排泄される薬物のメカニズムに焦点を当てるための手段が、力から隔離されています。

この薬剤の投与量は、疾患の種類および患者の個々の特徴に依存している。細長い医師によって処方された他の薬を服用している場合は、必ず医師に相談してください。 Azitroxの場合、投薬指示は以下の通りであることに注意してください。1日用量は分割されませんが、食事の1時間前または食事後2時間ごとに24時間ごとに投与されます。サスペンションを使用する場合、カプセルまたは錠剤は全体として採取し、投与量を注意深く監視する。標準的な治療コースは3日間以上設計されていますが、調整は主治医のみが行うことができます。 12歳未満の子供は薬を処方されていません。

以下の副作用が可能です:心臓のリズム障害、めまいや頭痛、睡眠障害、中枢神経系の緊縮条件、様々な重症度の消化器疾患、アレルギー反応の広い範囲。副作用の症状はすぐに医師に連絡しなければならないとき、それは「azivok」、「Zitrolid」、することができ、あなたの状態の詳細を満たし、「Azitroks」類似体薬の専門家を選ぶだろう、服用を中止し、「Z-要因。」

いつ薬「アジトロックス」を服用しないでくださいそのコンポーネントに対する過敏症、腎臓および/または肝臓の機能不全。不整脈の症状だけでなく、妊娠・授乳期の薬を処方することができた場合、その使用の肯定的な効果は、その使用に関連するリスクを上回ると判断される場合にのみ。授乳中の母親のための治療の別の方法を選択する必要がありますいずれかまたは授乳の対応を交換します。

アクティブなやりとりを考慮してください他の薬の準備「Azitroks」の数と製造は、ある種の薬剤の毒性効果を増幅することができます。製剤の活性物質 - アジスロマイシン二水和物のは、薬物が250から500mgのカプセル剤および錠剤の形で放出される、3〜6の錠剤(カプセル)のブリスターに充填します。