慢性咽頭炎は子供の声の損失を引き起こす可能性があります

健康

声の損失の理由は、通常の場合があります風邪、慢性咽頭炎および喉頭炎。この警告記号は、危険な誤ったシリアルの先読みになる可能性があるため、両親が無視してはいけません。危険は、子供のコースのスピードにあります - 子供の人生を救うのに十分な時間があれば、タイムリーな気管切開ができます。

小さな子供の小さな赤ちゃん

頻繁な風邪、ARVIは可能です非常に幼い子供でさえ、慢性咽頭炎に行きます。普通の寒さは喉頭炎に変わり、子供の声はぎこちなくなり、独特の方法で "掴み"始め、赤ちゃんに "フランスの魅力"を与えます。しばらくすると、声はほとんど聞こえなくなり、その飼い主は汗や喉の痛みを訴えます。子供は自分の状態を緩和するために常に咳を掛けようとします。炎症は下気道を捕捉する。寒さの画像が定期的に再発する場合、子供は「クロニクル」のカテゴリーに移される。

急性期の病気のときに子供が暴露された場合タバコの煙にさらされると、声が完全に消えることがあります。この場合、彼らは完全または部分的な声の損失を話します。親はこのような状況を防ぐためにあらゆる努力をするべきです。適切かつタイムリーな治療、慢性咽頭炎の症状は完全に停止します。声の損失(失調症)は、声帯の過度の緊張を招く可能性があります。子供の音声装置は不完全であり、負の影響を受けやすい。

声の損失は、ENT臓器に対する外科的効果は、この現象は有機物と呼ばれ、一時的性質のものである。声を回復するにはかなりの時間が必要です。両親や医師の努力は、鼻咽頭や喉頭の異常な変化を排除することを目指すべきである。まず、子供の鼻炎、扁桃炎または慢性咽頭炎を治療する必要があります。子どものスピーチモードを見てください:大声で泣いたり、泣かせたりしないでください。

保存できないとき

声の損失は、必ずしも有機的な原因。多くの場合、外傷性の状況は無酸素症につながり、その場合慢性咽頭炎および喉頭炎は重大な影響を及ぼさない。子供はストレスのために声を失うことがあります。母親の愛情、暖かさ、注意の欠如は心理的性質の嫌悪を引き起こす可能性があります。心因性失調症を形成する別の方法は、児童の神経系の能力が明らかに十分な応答のために不十分であり、その結果として声帯への神経インパルスの伝達が遮断される過度の恐怖である。

私たちは青春から健康を守ります。

声の損失が心理学に関連している場合理由は、心理学者との矯正訓練をしないとできません。美術療法の特別な方法、skazkoterapiiは子供が恐怖を克服するのを助け、親はそれらを引き起こす原因を理解する。心理学者のクラスの後、あなたはスピーチセラピーの練習を始めることができます。

声の喪失の原因が慢性疾患(慢性咽頭炎、喉頭炎、狭心症)である場合、麻薬治療後に赤ちゃんへの声が返されます。

声門を狭くする可能性を覚えているクループの外観、両親は声の損失の全期間中、子供を注意深く監視する必要があります。赤ちゃんが夕方に熱がある場合、息切れがあり、この背景には吠え声があります - 緊急に救急車を呼んでください。医者が到着する前に、お湯を入れた蛇口を浴室に置いてください。結果として生じる蒸気は空気を湿らせ、子供の状態を容易にする。医師、両親、特に母親の期待では、静かなままでなければなりません。さもなければ、クループの生理的兆候は心理的に増加します。