アルコール離脱症候群の治療と症状

健康

現代の医療事例ではアルコール禁酒症候群はまれにしか稀ではないと考えられる。この状態は、慢性的なアルコール中毒の結果としての身体の正常な機能に違反し、多くの非常に危険な症状を伴う。この場合、医師の助けが本当に必要です。

アルコール禁酒症候群と二日酔い:違いは何ですか?

これらの2つの状態は、しばしば同様の症状を伴う。それにもかかわらず、アルコール禁酒症候群と二日酔いの原因の差は依然として重大である。

その宿題は生物の中毒に現れるエチルアルコール。それは、悪心、めまい、食欲不振、およびアルコール飲料で少なくとも一度はあまりにも多くの人に知られているほとんどの人に知られている他の症状を伴う。

しかし、標識の類似性にもかかわらず、理由アルコール禁酒症候群は非常に異なっています:悪心と健康の悪化は過剰エタノールのバックグラウンドに対して現れませんが、その不十分な量のためです。同様の発作は、第2段階または第3段階のアルコール依存症の人々にのみ観察される。

アルコール禁断症候群の原因と症状

アルコール禁酒症候群

既に述べたように、このような状態身体へのエチルアルコールの供給が止まると、慢性的なアルコール依存症の背景に向かって発症する。他の患者が心臓血管機能不全または脳浮腫を伴って入院している間に、アルコール依存性の人々の中には倦怠感だけがあるものの、症状は異なるかもしれません。どんな場合でも、主な機能に慣れておく価値があります。

  • 原則として、最初の数日間は、健康の一般的な悪化を見ることができます。患者は、衰弱、めまい、疲労の増加を訴える。
  • これに伴い、消化管、特に吐き気、嘔吐、食欲の悪化。ほとんどの重度の症例では、そのような倦怠感は、腸または胃の出血につながる可能性があります。
  • 頻脈や動きの調整の問題もあり、中毒の人々はしばしば手の振れ、歩行の不安定さ、時には痙攣に気付くことがあります。
  • アルコールの欠乏は神経系の働きに影響し、ほとんどの患者が不眠症や悪夢に訴える。

それはしばしば注目に値するアルコール禁酒症候群は、「白熱」として人々に知られている強い神経症で終わる。いずれにしても、このような症状のある人は病院に連れて行くことをお勧めします。

アルコール離脱症候群の解消

アルコール離脱症候群の軽減

あなたは症状を殺すことができることを理解する必要がありますそのような場合にのみ、患者が軽度の禁断症状を有し、身体に重大な損傷を与えるリスクが最小限である場合に限る。そのような場合、代謝を改善し、体内の毒素(この場合、エチルアルコール代謝産物)の迅速な排除を促進する溶液を患者に静脈内注射する。特に、ここでは鎮静剤とビタミンが使用されています。同様の治療を受けた後、ほとんどの場合、5-7日後に主症状が消失します。それにもかかわらず、合併症は非常に突然発生することがあるので、患者は常に医師の監督下にいなければならない。

アルコール離脱症候群の治療

アルコール離脱症候群の治療

幻覚に苦しんでいる患者、重度の患者精神障害、出血、重度の嘔吐、脱水、短期、重度および生命を脅かす症状では、すぐに入院することがあります。治療は体の正常化まで軽減されます。この目的のために、同じビタミン、β遮断薬、マグネシウム製剤および他の薬物が、代謝プロセスおよび肝臓機能の回復を助けるために使用される。それは非常に重要で精神的健康の権利です。残念なことに、離脱症状の治療は、アルコール依存症の主な主な問題と戦うために私たちの努力を集中させなければ、一時的な改善しかもたらさないでしょう。