薬 "Antisten"。使用の兆候

健康

「アンチ・ステイン(Anti-Sten)」という薬は、IHDの複雑な治療に使用される補助的なツールとして特徴付けられています。この薬物の活性物質は、トリメタジジン二塩酸塩である。

使用価格のためのアンチステイン指示

行動の仕組み

コンポーネントの有用な特性のおかげで、薬物は、心筋細胞(心筋の細胞)におけるナトリウムおよびカルシウムイオンの蓄積を防止する。同時に、カリウムの正常な含有量が維持される。この薬剤は、ホスホクレアチニンおよびアデノシン三リン酸のレベルの低下を防止する。この薬物の作用機序は、正常な心筋収縮性の維持を保証する。虚血領域では、細胞膜の完全性に正の効果があり、脳におけるニューロンの活動を改善する。加えて、この薬剤は、遊離基の放出および負の影響を防止する。実際には、狭心症発作の頻度を減らし、血圧のスパイクを除去することを指摘し、薬「Antistius」は、治療の開始から2週間後の物理的な活動への生物の耐性を増加させました。薬の使用の適応症には、心臓血管の病状およびその合併症が含まれる。この薬物は、眼の血管の病理の土壌上の眼網膜の機能に有益な効果を有する。

抗菌剤

薬 "Antisten"。使用の兆候

この薬剤は、虚血性心疾患の複合治療において推奨され、狭心症の発症を予防するため。虚血性タイプの蝸牛前庭麻痺のための有効な薬物。特に、治療中に、めまい、吐き気、および耳鳴が排除される。血管性の脊髄性障害の治療法を割り当てる。

薬 "Antistene"。使用説明書。価格:

250ルーブルから薬局での薬の費用。1錠につき1日2回服用することをお勧めします。レセプションは食事中に行われるべきです。使用のための手段「Antistius」指示を割り当てるときに薬物が補助であるという事実を考慮すると、病状および患者耐容性の重症度、治療の持続時間を決定する主な基準です。この点で、受信の持続時間は、各患者に対して個別に決定されます。

使用のためのアンチステイン指示

副作用

アンチスタインが処方されている場合、すでに述べたように、専門家が注意を払う唯一の情報ではありません。心血管病理の治療における大きな価値は、一般的に患者の耐容性を有する。しかし、「アンチステイン」薬を服用するときに合併症があまり起こらないことに注意してください。主な副作用には、上半身への血液の突入、起立性低血圧、消化不良が含まれる。場合によっては、既存の症状が増加することがあります。

禁忌

違反に処方されていない薬肝臓活性、泌乳中の成分に対する過敏症。上記の適応症である「アンチスタイン(Antistain)」は、18歳未満の患者、妊婦、腎不全患者には推奨されません。