心室の早期再分極の症候群

健康

早期再分極の症候群心室を完全にチェックすべきである:超音波(超音波)およびホルターの監視を行い、無症候性の頻脈発症を排除する。そして、もちろん、不整脈学者や心臓専門医に来て、心電図を観察してください。心電図は、観察された偏差を明確に示しています。このような変化は、体内の加齢に伴うホルモンの変化に関連する可能性があります。

長い間、早期再分極の症候群心室(CVR)は、治療が必要ではない標準の変法と考えられた。しかし、今日では若者やアスリートでますます検出されています。それは早期再分極の完全に非無害な症候群を、ある種の不整脈、結合組織異形成などの出現に導く。

人が心電図この症候群は、医師は、調査の心臓専門医の結果に移動する必要性と、心エコー検査、残り経食道ECG、(あれば処方箋により要求される)ストレス心エコー検査、ホルター心電図、電気生理学的研究や心臓などの経食道電気刺激:.次の追加のテストを通過することをお勧めします。心臓の側から病理があるかどうかは彼だけが知ることができます。診断が確定していない場合は、心配する必要はなく、治療は必要ありません。初期の心室再分極症候群は時々胎児の心臓障害の結果であり得ます。この場合、専門家の監督だけが必要です。心に違反して頻脈の攻撃を誘発しないようにするためには、アルコールを避け、激しい運動を避ける必要があります。

心室の早期再分極の症候群が治療されている付加的なビームの高周波アブレーションの非侵襲的方法。この非常に効果的な(90%以上の)検査方法では、カテーテルがこのバンドルの部位に導かれ、それを破壊する。心室の早期(初期)再分極は、冠状動脈急性症候群の発症につながり得る。したがって、心臓およびその弁のこの破壊の原因を時間内に見つけることは非常に重要です。結局のところ、急性型の冠動脈症候群は突然死に至る可能性があります。

最近、運動選手の健康は何もない医師と記者の両者に密接な注意と注意を払っている。結局のところ、この若者の症候群は、心室の早期再分極の症候群を突然明らかにすることができる。したがって、早朝および夜遅く、夜間でも、心臓弁のリズムおよび導電率の早期違反を検出するために、心電図が始まりました。このような違反は、訓練プロセスのスケジュールの変更につながった。

そこで、我々は早期の症候群再分極は、ECG上の心臓活動のグラフィック記録の特定の変換を示す心電図の現象です。この症候群はしかし、悪性の不整脈の出現に影響を与える可能性があり、通常のECGの比較的まれな亜種であると考えられている:徐脈と洞性頻脈、心房細動、時期尚早ビート、心ブロック、発作性頻拍などのほか、冠状動脈性心臓病..初期の心室再分極症候群の存在は二十八%で心臓が原因による死亡のリスクを増大させます。通常、深刻な心臓のリズムの乱れ(心室)の発生に関連したこの - 早期の頻脈性不整脈、およびポリトピック期外収縮、心室細動など

不整脈の特別な治療がない場合、および心の再分極、伝導およびリズムの手段および違反、致命的な結果が生じることがある。従って、症候群の特定の治療において、抗不整脈薬、例えばアミオダロンが処方され、有機リン酸塩、膜保護剤およびマグネシウム製剤を用いた電気トロピック療法も使用される。これらの治療方法は全て、身体のイオン輸送システムの活性を正常化する。