「トリダーム」薬:類似体、使用の適応症、禁忌

健康

クリーム「Triderm」およびその類似体は、皮膚用に処方されている神経アレルギー疾患、細菌感染によって複雑化する。この薬にはいくつかの禁忌があり、使用前に医師に相談してください。

ホルモン手段の組み合わせ(「ベタメタゾン」)、抗生物質(「ゲンタマイシン」)および抗真菌成分(「クロトリマゾール」)は、薬剤トリダームの抗アレルギー性、抗菌性および抗真菌活性を引き起こす。この薬の類似体は同様の組成を有する。

湿った湿疹、アレルギー性皮膚炎、神経皮膚炎、皮膚真菌症 - これらの難治性の皮膚疾患はすべて、傷害の場所のかゆみおよび痛みを伴う。特に、真菌感染によって引き起こされる鼠径襞の領域に局在する炎症を、患者に与える不便や痛みを伴う多くの感覚がもたらされる。治療が時間通りに開始されないと、皮膚がゆるくなり、細菌感染が結果として生じる泣き口に入ることがあります。この場合、抗真菌薬の選定は目立った肯定的な結果をもたらすものではなく、菌のみならず細菌にも影響を及ぼす複合薬剤によって治療が必要とされる。

赤みと肌のスケーリングと、かゆみを伴い、合併症の発症を予防するためには、病気の初期段階で皮膚科医に連絡する必要があります。合併症を避けることができない場合、医師は複雑なホルモン剤トリダームで治療を処方する。

医薬品の類似物質:Akriderm(ロシア)とCandiderm(インド) - 同一成分組成と同じ有効性を低コストで実現しています。

フォーム放出(クリームまたは軟膏)のみが異なる賦形剤の組成。それらに入る主な有効成分は、抗アレルギー性、抗炎症性、局所性低体温、抗浮腫性、殺真菌性(抗真菌性)および抗菌性である。

薬「トリダーム」:アナログ、使用の兆候

軟膏またはクリーム「Triderm」は、薬物の類似体と同様に、二次的な細菌感染によって複雑化する皮膚病に処方される。

また、薬物の外部使用の適応症は、酵母菌類および皮膚糸状菌(鼠径上皮細胞肥大、足真菌症、線維症など)によって引き起こされる真菌性皮膚疾患である。

患部にクリームまたは軟膏を1日2回、朝と夕方に塗布する。薄い層を適用し、製剤を軽く擦ることが推奨される。治療が効果的であるためには中断することはできません。

通常、薬物の使用が発生した後患者の状態の顕著な軽減:かゆみの感覚が低下し、炎症部位の温度が低下し、滲出液の排出が減少し、組織の腫脹が減少する。

定期的に薬を使用してから3〜4週間以内に回復がない場合は、検査をやり直して診断を明確にする必要があります。

いかなる場合にも自己治療はしないでください。 薬剤の制御されない適用による薬剤のホルモン成分の全身作用は、健康に重大な害を及ぼし得る。治療の全過程は、医師の監督下で実施されるべきである。

クリームと軟膏「トリダーム」の使用に対する禁忌

3つの主要成分(「ベタメタゾン」、「クロトリマゾール」、「ゲンタマイシン」)を含むこの薬物の類似体は、使用のための多数の禁忌を有する:

- 2歳までの年齢、

- チキンポックス、

- 皮膚の膣後反応、

- ヘルペス、

- 梅毒の皮膚症状、

- 皮膚の結核。

準備のための指示には、「トリダーム」という薬は眼の病気の治療には使われないということです。また、薬物の成分に対するアレルギー反応の可能性を考慮することも重要である。細心の注意を払って、この薬は妊娠に処方されています。授乳中に薬を処方する必要が緊急に必要な場合は、母乳育児を中断する問題が考慮されます。

物質 "ベタメタゾン"への有害反応は、乾燥した皮膚、毛嚢炎、かゆみおよび灼熱感、かゆみ熱、皮膚萎縮であり得る。

物質 "クリマゾール"は、紅潮、局所浮腫、蕁麻疹、剥離およびかゆみを引き起こす可能性があります。

薬に対する指示における成分「ゲンタマイシン」の副作用は、充血およびかゆみと呼ばれる。

"Triderm"を置き換えるものは何ですか?

本来、薬物「トリダーム」の類似体に治療効果には、薬用軟膏「Betaderm A」、「Akriderm SK」、「Rederm」、「Cleore」、「BetaSal」、「Belosalik」、しかし、構成要素の構成に関しては、それらは大きく異なる。 「Triderm」軟膏を薬の類似体と交換する必要がある場合は、まず医師に相談しなければなりません。これらの薬剤はすべてグルココルチコステロイド「ベタメタゾン」とサリチル酸を含んでいますが、抗生物質は含まれていません。