妊娠中の膀胱炎の治療法:赤ちゃんに害を与えない方法は?

健康

妊娠中は、女性が特に重要です健康と自分の生物の状態を監視する。結局のところ、変更は将来の母親の健康状態だけでなく、彼女の子供にも反映されます。この状況で女性にとって最も不愉快な病気の一つは膀胱炎です。それは何ですか、そしてそれと戦う方法は?

妊娠中の膀胱炎の治療

妊婦の一般的な膀胱炎症状

知られているように、膀胱炎は急性炎症性膀胱疾患として現れる。医師は膀胱炎のいくつかの重要な症状を特定します:

  • 女性はしばしばトイレに「小さな方法で」(1日に25回まで)行きますが、排尿のプロセスは非常に苦痛です。
  • 尿道からの膿汁排出
  • 腹部の底には常に強い痛みがあります。
  • トイレに行くという衝動の大部分は、ほとんど常に現れていますが、偽です。
  • 重大な衝動があっても、放出される尿の量は最小限である。
  • 進行した段階では、発熱、嘔吐、悪心の原因となることがあります。

原因

それとは別に、妊娠中の膀胱炎の治療法は医師の処方によって決まるため、この疾患の発生と発症の原因となります。尿道が膣の微生物叢のすぐ近くに位置し、尿道に感染または胎児の圧迫がある場合、それらは女性の身体の解剖学的特徴と関連している可能性がある。さらに、臓器外傷、古い疾患または外科的介入の結果が感じられる。衛生ルールや居住者の生活習慣に違反しても、健康に良い影響はありません。

治療

妊娠中の膀胱炎を治療するよりも
妊娠中の膀胱炎の治療には、母親と赤ちゃんの安全を確保し、将来の合併症を避けることを目的とした対策の全体が複雑になっています。膀胱炎の最初の兆候が起きた場合は、早急に出産クリニックに行くべきです。経験豊富な専門家だけが、妊娠中の膀胱炎の最も有効な治療法を処方することができます。ほとんどの場合、医師は女性に次のように勧めます。

  • 治療の全期間中、ベッドの安静を保つ。
  • フィールドホーステイルを含む治療用調製物として使用する。
  • 完全に厳選された食事に漬け込まれ、漬け物や辛い食の食事から完全に排除されます。

丸剤および注射の代わりに、薬物が膀胱に直接注入される点滴処置が行われる。これにより、胎児への悪影響が回避されます。

家で何かできるの?

少女はしばしば何を扱うべきかについての質問をする家庭の膀胱炎。しかし、不適切な自己治療は将来の赤ちゃんを傷つける可能性があることを理解する必要があります。したがって、専門家の助けをあきらめてはならず、妊娠中に効果的な膀胱炎治療を提供することができます。

民間療法は完全に許可されません病気を取り除くが、唯一それを促進します。しかし、追加的な措置として、彼らは問題ないはずです。専門家は、ローズヒップ湿地の菖蒲、オークの樹皮、葉、クランベリー、マリーゴールドの花、亜麻の種子、ペパーミント、セントジョンズワート、腎臓茶、タイム、イタドリ、Cudweedと破砕のルートから収集を取るために一日の人々の薬を数回に助言します。

自宅で膀胱炎を治療するよりも

あなたが時間通りに医者に行くのでなければ妊娠中に何が膀胱炎を治療するか教えてくれますが、この病気は慢性的な形になる可能性があります。また、腎盂腎炎や中絶の形で合併症を経験するリスクがあります。

健康である!