致命的な病気:心臓がん

健康

事実、心筋にはかなり迅速な代謝があり、体のこの部分には血液や栄養がよく供給され、心臓がんは制御されない病気です。しかし、そうです。今日、医師はこの重要な器官の原発性および続発性腫瘍を特定している。

心臓の癌。タイプ

多くの場合、原発性悪性疾患肉腫がある。 30歳の男性と女性に現れます。原則として、腫瘍は非常に迅速に広がり、主に右心臓に由来する。癌細胞は、すべての大動脈、心筋および静脈の層で発芽する。転移は肺、リンパ節、さらには脳にも影響を与えます。

別のタイプの悪性心臓形成血管肉腫である。この疾患では、血液で完全に満たされた複数の中空層が生じる。そして、彼らはお互いに通信します。

どの年齢でも、いわゆる横紋筋肉腫。その元の位置は筋状の筋肉組織です。もう少し頻繁に、このオプションは人類の強い半分の代表者に起こります。

線維肉腫は、明確かつ限定された結節である癌である。両性の代表者が等しい確率で参加する機会があります。

二次性腫瘍は以下の癌の転移である:

  • 腎臓;
  • 乳腺;
  • 胃;
  • 肺。

新技術や治療法のおかげで、がん患者の平均余命が近年増加したため、心臓への転移は、以前に比べて数十回の頻度で発生します。

病気の兆候

膨らんだ場所や大きさによっては、病気の様子が異なる場合があります。いくつかの症状は、より強く現れ、一部は完全に欠けている。

癌による心臓病の典型的な兆候は、次のようになります。

  • 急速に発達して進行している心不全の出現;
  • 心臓の大きさは大きくなります。
  • 不整脈が起こる。
  • 伝導が損なわれる。

がんの初期段階では、何らかの症状がなくても発症する可能性があります。徐々に現れる:

  • 全身および関節の痛み;
  • 一定の弱さ。
  • 温度は上昇し、長時間続く。
  • 手足のしびれ;
  • 発疹;
  • 急速な体重減少。

心臓の癌。診断

悪性腫瘍の一種心臓腫瘍は心エコー検査である。しかし、この方法は専門医が外科的介入の最も受け入れやすい戦術を決定するのに役立ちます。現在、コンピュータ断層撮影法はがんの診断にますます使用されています。その助けを借りて、腫瘍がどこに位置し、どの方向に広がり、成長するかを正確に見ることができます。追加の診断ツールとして、磁気共鳴イメージングが使用される。

治療

心臓癌はほとんどの場合外科手術である方法は扱われません。これは、疾患の検出時に、腫瘍が既に心筋だけでなく他の器官にも広がっているという事実による。放射線療法はより一般的な治療法です。それは、独立した処置として、または化学療法と組み合わせて行うことができる。このすべてが、がんの進行およびその重症度をわずかに停止させることを可能にする。この治療のおかげで、患者の寿命を5年間延長することが可能です。

すべての医者に加えて、必ず任命するまた、心臓癌に付随する不快な症状を患者に和らげる対症療法。適切な治療がない場合、予後は非常に好ましくない。原則として、最初の症状が現れてから半年または1年後に、人が死ぬ。

心臓腫瘍が疑われる場合は、医者に診てもらう必要があります。この場合、最初に心臓病専門医に、次に腫瘍学者にはその前提の承認または確認が必要です。