セックス後の血液が出現の原因です。

健康

性交後の血液(出生後出血) - これは最も頻繁な女性の苦情の1つです。ほとんどの場合、そのような病理は女性の生命に危険をもたらさないが、それが何度も何度も繰り返されると、これはすでに病気の症状である。したがって、すぐに不快な結果を避けるために医師に相談する方が良いです。出血後の出血の本当の原因は何ですか?

セックス後の血
セックス後の血は誰でも知っている最初の性交の「コンパニオン」は、出血を引き起こす肉腫の破裂が起こるときです。排泄の回数は、処女膜の形態と強さ、緊張状態、相手の性行​​為などによって異なります。以前はタンポンを使用していた少女は、小さな骨盤のスポーツ傷害を負ったり、自慰行為をしたりしていましたが、出血は重要ではありません。

性交後に出血することがあります病気の症状、性感染症、または感染症(クラミジア、淋病、トリコモナス症など)、またはほとんどすべての女性の性器(膣炎、子宮頸管炎、膣炎など)の炎症性疾患の始まり。

非常に頻繁に、性的な後の血の放電この行動は、子宮頸部形成異常、すなわち、前癌状態、異所性妊娠、卵巣の破裂、または最悪の癌について話すことができる。これらの病状はすべて出血と共に重度の激痛、淡い皮膚、弱い脈拍、重度の発汗、低血圧および心拍数の増加を伴います。

性交後の出血

ポストコタルの「人気の」原因出血はポリープおよび浸食の存在である。原則としてポリープは除去され、浸食は焼灼される。セックス後の血液は、ホルモンに基づくいくつかの避妊薬の使用の結果であり、受け入れにおける合格または陳腐化の遅れが同様の状況につながる可能性がある。妊娠後出血を起こしやすい女性は、子宮の粘膜が薄くなって出血を起こすため、血液凝固能の低下に影響する薬を服用しないでください。

さらに、セックス後の血液が現れ、いつ子宮筋腫の存在。そして、残っている症状のこの形成が非常に弱いか全くないことを覚えておく価値があります。ところで、閉経前の時期の多くの女性は、現時点でエストロゲンの産生が増えたことにより、子宮筋腫が自分自身で消滅することに気づいています。

性交後の出血

妊娠後の出血それは妊娠中に始まり、家に座ってすべてがなくなるまで待つべきではありません。子供の命を犠牲にすることがあります。結局のところ、このような兆候の存在は、胎盤の崩壊または他の重篤な妊娠病態を示す可能性がある。したがって、妊娠中の女性に血液が出現した場合(そしてセックス後のみ)、これは医者または救急車に電話する機会です。

出生後出血の存在は、あまりにも粗くて残酷な性行為の後に粘液性子宮の外傷または破裂を示すことが非常に多いことを忘れないでください。