赤痢:腸疾患の症状と治療

健康

赤痢は感染症であり、腸の終わりに影響し、重度の下痢を引き起こす。成人では、この疾患は子供に比べてはるかに一般的ではありません。原則として、子供は1年以上熟しています。

赤痢:症状と治療
赤痢、症状および治療は、時間自体または赤ちゃんを決定するために調べるべきであり、汚染された水を通って広がる。どのようにこれが起こり、回復するために私は何をすべきですか?

感染の原因

体内の汚染された水を飲むとき赤痢菌ロッドを得る。その蔓延では、この腸内感染が第一位である。適切な治療がなければ、赤痢は致死的であり、毎年100万人が死亡する。身体が感染した後、人は感染のキャリアになります。これは、すでに赤痢を発症している人と接触したり食事を共有したりした後、他の人が病気になることを意味します。症状と治療は患者の年齢に依存しません。いずれにせよ、細菌は腸の粘膜壁に現れ、そこで神経終末および他の組織に有害な毒素を放出する。すべてのさらなる症状は、疾患の経過とともに心臓、肝臓、および中枢神経系に影響する毒素によっても引き起こされる。

赤痢の症状

まず第一に、病気の兆候は腹部の不快感です。インキュベーション

赤痢の分析
期間は1日かかることがありますが、一週間合計で、赤痢を服用することができる3つの形態があり、個々の症例における症状および治療は幾分異なる。急性赤痢は、大腸炎または胃腸栄養性を有する。この疾患は、軽度および極度に重篤な形態の両方で起こり得る。慢性赤痢は、長期間に渡って体内に暗示的に存在し、定期的に悪化する。最後に、人が感染したときには細菌感染の形がありますが、病気の強さが免疫の保護の程度を決定します。タイムリーな診断のために、赤痢の細菌学的分析が用いられる。中毒の最初の徴候と血液の出現を伴う便障害では、すぐに専門医に連絡する価値があります。

赤痢の治療

主な条件は強制入院です。

赤痢を治療するには?
赤痢、症状と治療法が残っている主治医の制御の外にあると、死に至ることがあるので、患者は明らかに自宅にいることはできない。医師は個々に選択された薬剤を処方しますが、場合によってはアンピシリン、時にはフラゾリドンまたはナリジクス酸です。複雑な場合には、ゲンタマイシンまたはリファンピシンの筋肉内注射が必要である。赤痢を治療する上での重要なポイントは、治療食の提供でもあります。水分、肉、魚などに繊維をたくさん混ぜたもの、擦ったスープやお粥をすりおろした状態でお奨めします。幼児にはさらに、サワーミックスミックスとコテージチーズが割り当てられます。原則として、有害な専門家によって制御された症状および治療の赤痢は、体に甚大な影響を及ぼすことなく通過する。しばらくの間、ビフィダムン細菌を使用して微生物叢を回復させることが推奨されています。これにより、1ヵ月以内に腸が正常に戻ることが保証されます。