法的規範:例。法的規範の特徴

法律

ほとんどのプロセスは、市民社会、ビジネス、政治のレベルでの人々の相互関係は法的規範によって規制されている。彼らの発展は手続きであり、その過程と内容は、国家の歴史的・文化的発展、その政治システムの特質に関する非常に多くの条件に依存する。国際的な要因も重要です。

どのメカニズムを通じて、合法的な関連する規範を反映した行為は実際に起こる可能性がありますか?憲法レベルの根本的に異なる法律は何ですか?分類の観点からの法的基準は何ですか?力の分離が開発の面でどのように重要であるか?

法的基準は何ですか?

用語を定義します。 法の支配の概念は何ですか?最も一般的な解釈の1つによれば、それは、法律のおかげで一組の俳優を拘束する規則を意味する。それは、可能性のある違反の面で彼が保護するだけでなく、当局によって認可されます。現代のロシアの弁護士は、「法の支配」と「法的規範」という言葉は同義であると考えています。解釈のバリエーションも許されますが。例えば、法律は規則によって確立されているのではなく、法律で必ずしも成文化されていない社会の知覚の観点から見て通常の状態の習慣的なパターンであると理解することができる。

法的規範の例

法的規範の特徴は何ですか? まず第一に、彼らは社会的な方向性が特徴であるという事実に注目する価値がある。規制の対象は、社会全体または個々のグループ、または少なくとも公式のカテゴリのいずれかです。個人的なオリエンテーションは、法的規範の特徴ではなく、その内容に基づいています。

法律上の原則ロシア連邦と他の州の規範は、規制当局間の関係の現在の発展の最も代表的なプロパティの一般化されています。つまり、この法律の源は、すでに述べたように、社会全体の利益を同等に効果的に実施するよう求められています。

法的規範は、例えば、職業、社会的カテゴリー、年齢などに基づいて、同様の特性を有する対象物の活動それが社会全体の問題であれば、原則として、彼らが住んでいる人々または地域の市民権が意味されます。

理論と実践との相関問題

立法者の主な困難法的規範、情報源に含まれる規定、社会の現実の遵守を確保する必要性を公表する。またはその部分は、法の本質に関連しています。世界のほぼすべての国の法律制度では、法的規範が不完全である。そのような例はロシアで起こる。また、弁護士(弁護士関係者および法律分野の科学研究に従事する弁護士)の間で、法律を理解するための基本的な方法論の選択について議論が開かれています。

刑事法的規範

彼らが信じる人がいる法律上の規範を読んでください(可能な場合)。すなわち、一般的に受け入れられている意味での法律の本文中にある配合の意味を遵守すべきである。しかし、法的規範の解釈に近い弁護士がいます。彼らは文字通り法律で書かれていることを読むべきではないと信じています。より正確には、法的行為に記載された状況の妥当性を疑う実質的な理由がない場合に限り、これを行うことができます。

法と道徳

第2の態様に関して: 法的規範の解釈があるとき、多くの弁護士が信じるように、重要な役割は、道徳のようなカテゴリーによって演じられます。法律で定められた一定の規則の適用を担当する者は、規則の対象となる現実の状況に関する個人的な認識によって導かれる。それで、彼は、意味論的内容のせいではなく、まず個人的な信念から出発して、法の規定を解釈します。

憲法および法的規範の分類

道徳があまりできない球がある実用的な法律の適用の適切なコンポーネントです。例えば、銀行の活動を支配する財務的および法的規範は、解釈のために可能な限り少なくすべきである。彼らの特異性は厳密な読書を意味し、数字を扱っている。

法的規範の種類

弁護士は、法的基準を3つに分ける主なタイプ - 拘束力があり、禁止的であり、認可されている。それらの境界は非常に恣意的である可能性があります。例えば、財務法的規範の中には、引き続き話を進めていくと、中央銀行が商業信用と財務構造をチェックし、適切な機会があれば中央銀行にこれを行うことを義務付けている規定もある。多くの場合、規範的法的行為の構造は、権威ある条項が優先事項として適用され、拘束力のある一連の条件の下でのみ適用される一連の条件を前提としています。反対の状況も可能である。

分類のための他の根拠法的規範。ところで、彼らは私たちがちょうど命名したものをうまく補うことができます。私たちは、法的規範を処分的、選択的、そして不可欠に分割することについて話しています。最初のものに関係するものは、法的規定の適用を担当する、何らかの種類の自由を認めます。彼は自分自身に質問をすることができます:1つは規範を実装するか、この機会を使わないことが許されますか?オプションの基準は、代替シナリオを前提としていますが、条項の適用を拒否しているわけではありません。命令的に、法律で規定されたもの以外の選択肢を暗示するものではありません。どちらの分類もどのように相関していますか?それはとても簡単です。原則として、拘束力や規範を禁じることは不可欠です。権限を与えられた人は、ほとんどの場合、処分的です。

法の支配は社会によって取られている

財務および法的規範

民主主義体制では、法的基準の兆候には、起源の社会的性質などのパラメータが含まれています。これは、直接的または間接的な法律の採択が社会によって開始されたことを意味します。それは、その活動が法的規範を規制することに同意する。社会がその設立自体に参加する例は、国民投票である国民集会です。関連する規範の策定に間接的に参加する方法について話しているのであれば、より多くの場合、議会を通じた立法権の委任である。

体系的な法的規範

レベルで採用された全法的規範適切なシステムを形成する。それには、さまざまな社会的集団のレベルでプロセスを制御する情報源が含まれている場合もあれば、まったく関係のない情報もあります。しかし、法律の採択の基準、基準、手順、この場合の有効性の基準は全身的な性質を持つことになる。後者は、異なるセクター別または社会的な方向性を持つ規制の源に共通している。

法的規範と国家

州はどのように参加していますか?養子縁組の仕組みの提供を含まない、法的規範の制度の機能の構築と支援?あなたは力の分離の原則を見てこの質問に答えることができます。 3つの拠点のうちの1つだけが、法的基準の策定を担当しています:立法。しかし、司法だけでなく執行もあります。したがって、国家の役割は、法的規範の発行だけでなく、特定の規制条項の解釈に関する可能性のある紛争の裁判所での裁判の解決だけでなく、執行の保証にもある。

民法の規範

その主要なメカニズムの1つは、権力のすべての枝(とくに執行権の機能を提供する枝)の相互作用、 - 強制権。州は、関連するすべての法律を遵守することを義務付けています。開発した法制度を持つ国では(場合によってはそれが法律自体のルールに許可されている場合を除く)政府の機関外の起源を持つ法の他の規則を代用することが許可されていません。例はロシアの練習でも見られる。具体的には、民法が規定を含んでいるの確立フォームや規格の民事契約の締結は、カスタムビジネスに置き換えることができますそれによれば、の本質を明確にどこにも綴られていません - それは、ロシアの特定の領域の伝統に基づいています。しかし、一般的に、民法は、社会またはその構成グループのための行動基準の主要な源である。

いくつかの州では、社会プロセスの法的管理は、執行機関と立法当局ではなく、司法機関によって行われます。接続できるものは?まず第一に、法制度が特定の国で運営されていることから、その本質は国の発展の文化的、歴史的な特質によって最も頻繁に決定される。これらのシステムは何ですか?それらを考慮する。

ロマンスとアングロサクソン法

異なる国の法律は、異なるシステム。しかし、現代世界では、法的規範の性質と運営を決定する各国基準は、法律の世界的な体系的概念の1つを反映しています。先進国について話すと、Romano-GermanicとAnglo-Saxonという2つの対応システムで人気があります。それぞれの特徴は何ですか?

法的規範の兆候

ローマ・ゲルマン系の枠組みの中で、国の法制度の機能は、コード化された情報源です。総合的な形で、これを処方するか、一定のルールの中に動作するように、そのオブジェクトの制御 - それは、十分に持っている法律、および理想的です。これは一般的な民法の基準であり、別のコードで修正されている可能性があります。あるいは、例えば、経済の特定分野における関係を規制する条項。ローマゲルマンシステムだけでなく、任意の刑事法に成文化。

法律が成立する仕組みここでは、議会や行政機関の支配的役割を意味する。法的行為は、他の法律で定義されている一連の討議と承認が行われた場合にのみ発行されます。

アングロサクソンモデルの特徴は何ですか? その中の主な法律の源泉は司法上の前例であるという事実。要点は、上記のような法律は国民投票やそれに似たメカニズムを通じて社会自体によって、あるいは社会の議会構造に権限を委譲されて採用されていることである。しかし、司法判例は、発効の条件がまったく異なっている。立法プロセス全体が裁判所の聴聞会に委ねられます。関連する決議が提出されるとすぐに、それは本格的かつ強制的な法的規範を含むソースになります。アングロサクソンモデルが運用されている国の例は、米国、イングランド、カナダです。

法執行機関

司法上の判例では、法の中で、規制の目的。原則として、これは訴訟に現れる人物、すなわち原告、被告、被告人と同様の特徴を持つ社会集団である。例を考えてみましょう。

ある人が夜に偶然通りを歩いたジャクソンビルの市立学校の領域に落ちた。警備員は警察に電話をかけ、市民は学校に何らかの損害を与える意思の疑いで逮捕された。関連する意図が証明されていない裁判所が開催されたが、市の財産に対する侵害を禁止する既存の規範を侵害していると判決を受けた。その結果、次の性格の先例が浮かび上がった。ジャクソンビルでは、夕方に市立学校の敷地内に入ることはできない。刑法は必須です。現在、このアメリカの都市の住民は、関連する教育機関のエリアでの夜間の散策中に特に気をつけなければなりません。もちろん、ローマ - ドイツの法律制度には判例があります。しかし、彼らは法律の力を持っていないので、裁判所の外で使用することはできません。彼らは、アングロサクソンの法的伝統が強い国々のように、一般的に拘束力がありません。

多くの弁護士は言う: 問題の2つの法律の境界線は徐々に消えていく傾向があります。たとえば、米国では、法律がますます重要になっています。それは、国家の議会が通過するもの、あるいは連邦レベルについて話し合った場合、議会が行うものです。欧州の多くの国では、法律と比較して二次的に重要であるにもかかわらず、司法判例は法執行の面で紛争解決にますます重要な役割を果たし始めており、しばしば公式の法的行為として機能します。

法的規範と国際関係

どのシステム内で国家レベルでは、主要原則とはまったく異なる法律のモデルが機能することができるという条件で、国際的な法的規範を規定している。実際、ここでの主な重点は手続きの統一です。国際法の重要な原則の1つは、様々な分野で関係が構築されている世界全体または個々の地域としての世界共同体全体の発展過程を適切に反映した規範の義務である。

国際的な行為のもう一つの特徴 - 施行メカニズムの完全性。それは問題の命令を首尾よく補完する。いくつかの国で強制的に強制されるのは、実行の論理がすべての場合で同じである複雑な行為だけです。

規制する主要な文書の1つ国際法、1969年のウィーン条約。特に、世界レベルで確立された法的規範の重要な原則の原則に基づいて国家間の関係を構築すべきであると言われています。国の法律は、機能する地域の国際法の規定に従わなければならないし、法執行の実践において後者の優先順位を暗示するものでなければならない。立法政策を策定した国家がこの原則を守らなければ、法的分野における国の相互作用の適切な環境から除外することができる。

もう一つの重要な文書は、1970年に採択された国際法の原則。特に、彼は原則の完全性がある規範的行為の鮮明な例である。宣言は、国際関係の参加者は、共通の一般的に受け入れられているアプローチの枠組みの中で、規範的な規定を作成する問題であれば相互作用するべきだと述べている。この文書には、国家が指導すべき原則が含まれています。それらを考慮する。

1.一方の国の力を他方の国の力に使用することによる棄権の原則。

世界各国の領土保全と同様に彼らの政治主権は、国際法によって保証されるべきである。軍事的な手段による可能な介入は、国連レベルで合意されるべきである。

2.世界社会に害を及ぼさない方法での紛争の和解。

紛争を解決する方法としての軍事行動は、それ自体で終わるべきではない。各州は、紛争を優先的に平和的に解決することを約束する。

3.他国の業務にある州の介入を拒否し、自らの能力の範囲内で問題を解決することができる原則。

ある国が困難だけに対処できれば、国際法は他の国が援助を課すことはないと想定している。

4.各国は、相互協力の欲求を示すべきである。

この原則は、国連憲章の関連規定を遵守することを意味する。

5.国家は、自己決定権と同等の地位を有する。

多くの弁護士によるこの公式化は、新しい独立国家の形成のために民族グループに資源を与えることとして理解されている。

6.主権国は、平等の原則に基づいて他国との関係を構築する。

論争の的となっているいくつかの問題を解決するために、1つの州が無条件の優先順位を持つことはできないと想定されている。これは、国際裁判所によってのみ確立することができます。

7.国は、誠意を持って、国連基準に基づいて他者との相互作用の枠組みの中で取られた義務を果たさなければならない。

重要なニュアンス: 上記の原則のすべてが同じ文脈で考えるべきです。そして、国際連合憲章と組織で採用されている法律の他のソース、に従って動作状態、ので、原則、何をどのように適用するかを選択することはできません - ありません。

憲法と法的側面

プロセスがどのように構成されているかを検討するロシアで働く仕組みの例で最高の憲法レベルでの法律のソースの形成。法律制定の特徴と、ロシア連邦の規範的行為の階層における最上位にある法律の実施は何ですか?

まず第一に、その主要な特性に関する憲法上の規範は、基本的に他のもの(個々の産業や社会集団を規制するもの)と似ています。つまり、憲法と法律の規範の具体的な分類が何であれ、それらはすべて普遍性、形式性、抽象性などの特徴を持つことになります。それと同時に、そこに設定されたルールの実行は州によって保証されます。

また、憲法上の法的規範は、特有の特徴の全範囲によって特徴づけられる。これらには、

- 製剤の詳細。

- 法の源泉の階層における一番の位置。

- より多くの一般的な規制ルールと原則

- 規則の構成的性質(追加の法律での開示を前提とする)

- 法執行慣行の詳細。

- 規制対象の性質。

- テキストの構造における制裁部分のマイナーな役割。

憲法上の法的規範の分類ロシアで採用され、関連する規制の多種多様を提供します。ただし、それぞれに上記の項目のいずれかを適用します。