国際公務員法務部門に関する一般情報

法律

いずれの業界と同様に、国際社会法律は広報を規制する上で重要な役割を果たします。しかし、「内部」とは違って、この法則制度は国際的な性格の問題を規制することを目的としています。

公的国際法の概念

弁護士は、3つの基本的根拠に基づいて法律の枝を特徴づける:最初の2つの基準が決定される基準のセットと同様に、規制の方法と主題。

〜によって 主題 考えられる法律の枝は法的に理解されている国家、政府間組織のために戦う国家、国家、国家の間に確立された関係。同時に、解決すべき問題の範囲は、特定の国の能力と領域を超えた州間協定の問題に厳密に規定されています。

国際公法には特別な 規制方法 与えられた枝の主題の関係 - 命令的。 説明することは、契約当事者は、解決が二元的ではない問題のみを常に議論することである。鮮明な例は、どの国が条約と議定書の締約国であるすべての国に拘束力のある生態系を保存するための規範を確立しているかに基づいて、1998年の京都議定書である。

国際公法は、2つの種類 法的規範、それに基づいてこの法律の支店の問題を規制する:契約上および非契約上。伝統的に、条約規範は、普遍的な(国連憲章)、地方(1992年のマーストリヒト条約)または二国間協定(協力に関する合意)を持つ州間協定で修正された規範である。また、契約外のものは、発生した慣習によって表され、国の行動の実践において適用されている。原則として、契約上の法的規範は、法律および/または憲法によって制定された手続に従って批准に合格した場合に限り、当事者を拘束する。通常の規範に関しては、実行のためにオプションであると言う必要があります。しかし、近年、書面による合併と批准のプロセスが注目されている。

提示された特性に基づいて、

国際公法は協会です国家、国家、自己決定のために奮闘する国々、および法律によって確立された方法で正当性を確認したすべての当事者を拘束する政府間組織間の問題や関係を支配する慣習的および条約的規範

国際公的法と私的法:相違点

国内法と同様に、国際法関係の対象者の性質によって、特別法律機関が規制している。それらは国際公法と私法(以下、IPPと呼ぶ)において形成されています。両方のセクターが異なる州の代表者による参加に関連する問題を規制しているにもかかわらず、それらの間の相違は重要である。

まず第一に、国際的な概念公法では、州、政府間組織、州の実体、自決のために苦労している国々のリストが制限されています。上記とは異なり、IPPは、個人や法人などの私的な法律関係の参加者のリストを広げています。

第二に、産業と主題規制。 IPPは民間法問題の規制を目的としています。それとは違って、国際公法は行政、公的、人格問題の配慮に向けられています。

第三に、法的規制。命令的規制は、主に国際法の公共の方向性に特徴的である。それどころか、MCHPはその主体に特定の行動を提供し、参加者は特定の状況に最も適切な選択肢を選択することができます。

第四に、規制措置の基本IPPの参加者は、ほとんどの場合、法的慣行を除き、国際公法によって確立されている。それで、なぜなら、ある法学者は、「国際公法」の定義から「公衆」の定義を除外し、民間法を国際公法の部分に引用することがしばしばである。