法律:概念、原則、タイプ

法律

ご存じのように、道徳と道徳の規範社会的経験に基づいて社会で生まれ、主観を持っていない - それを発明した著者。道徳的または倫理的な行動基準の出現時期を指定しないでください。道徳と道徳の規範とは異なり、法的規範は特別な公共機関の職業的活動の過程で常に発生し、発展する。このプロセスは法律と呼ばれています。したがって、法律制定、概念、原則、法律形成のタイプは常に主観的であり、時間的に固定されている。伝統的に、ほとんどの場合、法律制定は、この目的のために特別に作成された国の機関を扱っています。法律形成の理由は、公的生活の過程で発展した規範の行動と認可の実践であり、まだ法的行為の形式で公式化されていないからです。

構造部品が含まれているため法律制定:コンセプト、原則、タイプ、フォーム。すでに述べたように、法律制定には法教育がほとんど常に先行しているため、このコンセプトは法律制定の概念や原則よりも内容が広い。

法制化の現象は、いろいろな理由。例えば、法律、概念、原則、種類は主観的に異なる、つまりこの種の活動を実行する権利を有する機関で異なる。投票の過程で行われた国民全体の直接的な直接法である国民投票のような法律があります。例えば、スイスでは、この種は全国または特定の地域で最も重要な決定を下す際に主要なものであり、この国では年間最大3万人の国民投票が行われます。最も一般的な形式は、法律の制定であり、これは特別目的の国家機関によってこれらの目的のために実施される。このレベルでは、さまざまな種類の法律制定法が強調されています。

例えば、公的機関自体法律を発展させ、法的強制力を与えるならば、そのような活動は直接法制定に分類される。そのコンセプト、原則、タイプもこのボディによって開発されています。

州の機関が他の団体への法的規範の創設、そのような法律作成は委任と呼ばれる。認可された法律は、国家が非国家を含む他の組織によって開発された法的行為のみを承認するような活動を指す。

法律はまた、採用された法的行為の法的強制力。例えば、国の議会は、最高法制団体として、法律制定に従事しています。これは憲法上の特権です。この場合のその他の権力機関はすべて、法律を採択しています。

現代の法科学は、以下の法律の原則を区別しています。

- 民主主義、可能な限り多くの市民の輪として法律制定プロセスを進めています。これは、市民権、国民投票、全国的な議論、議会の活動の開放などの形で実施されている。

- 合法性は、異なるレベルの法律の互換性を提供するので、法的行為は、より高い法的強制力を有する他の法的行為と矛盾しない。

- 科学性は創造への魅力を意味する科学的専門家の法律および科学的成果の使用を含む。この原則は、この活動の世界経験の法律作成プロセス、蓄積された実践、社会学的研究のデータ、社会の法的意識の変化に関する情報の広範な利用を推奨する。

- 適時性。法の採択の正確かつ具体的な瞬間を選択する必要があります。これは、高い専門性と法律の参加者の能力によって保証されています。

- 有効な法的行為を開発し、受け入れることを可能にするパフォーマンス。

- 宣伝と理論と実践との結びつき、法律作成の宣伝を保証する。