サービスの無償レンダリング契約

法律

民法における条約は、合意と呼ばれる民事義務および権利の設立、変更、または終了に関する2人以上の者間の差異。契約は、公証、口頭および書面で締結することができます。

契約を締結する当事者の意思は一貫していなければならず、相互に関連するだけでなく内容と範囲で一致しなければならない。

それぞれの側で、契約は相互満足を必要とします。

法的実体および個人ならびに様々な法人(市町村、州、国際機関)は、契約の当事者である可能性があります。

この契約は3つの方法で適用されます。

- 参加者の意思による義務の発生の事実を記録する文書として、

- 義務を生じさせる事実として;

- 法的関係として。

無償契約一方の当事者が相手方に何かを提供する義務を負っている場合は、サービスの提供。 2つのグループはすべての無償契約に分かれています。これらは、手数料契約(別の無償)、財産の保管および信託管理です。第2のグループは、無償無償(無償使用契約)とギフト契約です。

無償のサービス提供契約を締結するために、契約締結の既存の慣行は、通常の書面形式です。それが策定されると、法人が関与します。

書面による契約の形態が当事者は証言を使用することはできません。紛争が発生した場合は、書面による証拠その他の証拠を提出することができます。各契約は契約から拒否することができます。これを認めるには、契約の解除の1ヶ月前に相手方を置く必要があります。

そのような文書の非常に一般的なタイプは、サービスの無償提供契約です。そのような契約のサンプルは見つかりません。

法律は特定の種類の登録を禁止しています無料契約。禁止の目的は、無能な市民の利益を保護し、公務員による違反を防止し、道徳と道徳を遵守し、起業家間の乱用を防止することです。

財産の無償移転の合法的な確認である無料の文字の契約もあります。

「無料契約「サービスの提供」とは、無償使用に移転される財産を指定するためのデータを示します。そのようなデータが入手できない場合、契約条件は矛盾しているとみなされ、契約は締結されません。

無料で利用できるように受け取られた物件は、順調でなければなりません。大規模な修理を行うことも可能であり、保守のためのすべての費用が発生します。

サービスの無償レンダリング契約借り手と貸し手という2つの当事者を前提としています。貸し手は、移転された財産の所有者または財産の所有者または法律により使用のために財産(ローン)を付与された者です。法律によれば、商業組織は、その統制または管理団体のメンバー、指導者、参加者、無償使用の創始者に財産を移転する権利を有していません。

どの人もローン受取人として行動することができます。しかし、借り手や法律によって規定されている場合、特定の事業体のみがローンで何かを受け取ることができます。

サービスの無償レンダリング契約は、サービス契約の対象に関する一定の条件、レンダリングサービスの条件、サービスの支払手続きを前提としています。