住宅の前提を借りる契約は必須です!

法律

住宅の前提を雇うという契約は、人がアパートを探してそれを見つけて結果として契約を締結するとき、そして彼が住んでいる住居が社会的なカテゴリーに属するとき。これは、相互に、厄介で合意した合意である。 「合意」という用語は、当事者の自発的合意を指す。

アパートを所有している方から、種類は異なります契約。住宅が地方自治体の場合、契約は社会人雇用に関するものでもあります。アパートが個人に属していれば、商業的なものになります。契約の種類にかかわらず、それは法律の規範に反することはできません。社会人雇用契約は行政機関と締結され、民事および行政法規の規範に関連する標準的な法的行為によって規制されている。

商用タイプの合意も矛盾しないその他の条件、手続き、支払額を規定することがあります。施設の修理および保守に関連する問題は、個々の規範ではなく、取引の両面で合意と同じ方法で契約に記録されます。

住居を雇う契約が懸念されるかもしれないどんな施設がある場所通常の状態や人々を生きることができます。時々、人々は不必要なことを信じて、契約なしアパート、賃貸に住んでいます。我々の意見では、時々、それは所有者が頭や家賃やその他の根本的な問題についての論争に登るときに、通りに放り出されることはありません唯一の保証があるので、契約を主張する必要があります。また、この契約は、お金を取ると、永遠に消える詐欺師の陰謀からあなたをお届けします。

間の合意を結ぶ際に違いがあります個人と法人との関係法人はリース契約を締結し、住居を雇う商業契約は個人の契約です。契約当事者によって規定されていなくても、最大5年間に制限されることに留意すべきである。紛争が発生した場合、裁判所はこの期限までに正確に案内されます。

法律は、この期間の終わり、契約条件の変更を希望する当事者は、条件の変化を相手方に通知しなければならない。これが起こらない場合、契約は有効であり、第2期、すなわちさらに5年間更新されます。

住まいの前提を採用する契約長い間、取引は住宅の登録の中心に登録することができます。したがって、退去から身を守ることができます。住宅の所有者が交換された場合、相続人は任期が終了するまで何もできず、契約を破棄することができます。

住宅ローンの条件の下で購入貸し出しは、原則として、銀行は貸し出されないという条件を規定している。これは、追加の困難がなく、住宅の安全性が保証されているためです。

民営化について

社会契約下のアパートの民営化雇用は、2005年3月1日の年前に取得されたハウジング、可能です。住宅所有者と一緒に民営化は、民営化のオブジェクト、右の経済的所有権とそれに割り当てられた資金と公営企業のほか、アパートや寮やプライベートルームの運用管理と国有企業の担当で、自治を行うことができます。

未成年者には義務付けられています民営化に含めること。申請が提出された瞬間から自営業者の自主的な希望に基づく民営化は2ヶ月以内に行われ、所有権は州登録簿に登録された後に発生する。