雇用契約の概念

法律

雇用契約の概念は、ロシア連邦労働法で定める。 本質的には、それは契約であり、その結論は従業員だけでなく雇用者によっても行われます。同時に、双方は相互の義務と権利を有する。従業員は、特定の機能を引き受けることについて宣言します。彼らは、彼が利用可能であり、彼の資格レベルに対応する専門分野に応じて様々な活動のパフォーマンスに関係している。次に、第2の当事者 - 労働者は労働に関する重要な報酬を支払うことを誓い、ロシア連邦の法律および規制上の行為に従う条件を作ります。

雇用契約の概念には従業員の社会的便益の提供が含まれます。この点で、従業員は民事異性の合意よりも受け入れやすい。

主なポイントは、合意書の中でその法的合法性のために必要な条件とみなされます。

- 氏名従業員と雇用主。

- 両当事者の身元を証明する書類のデータ。

- TIN(雇用主のため);

- 日付、および契約が締結された場所。

雇用契約の概念は、雇用者に多くの任務を割り当てることを意味します。これらは、次のとおりです。

- 条件付き労働機能に従った仕事の提供。

- ロシア連邦労働法およびその他の法律および規制上の条項に規定された条件の労働の提供。

- 仕事に対する報酬の条件および金額の遵守。

雇用契約の概念は、従業員に特定の範囲の職務を課します。彼らは:

- 彼らの専門的活動の成果に個人的に参加すること。

- 企業に適用される内部規則を遵守する。

これらの規範はすべて、LC RFの第56条に規定されています。

作業合意の締結は、書面形式で、署名者ごとに1部ずつ2部ずつ発行されます。彼が他の行為と比較して持っている利点についての雇用契約があります。雇用者と従業員の必要な権利と義務はすべて、両当事者にとって主要なものである一つの文書で承認され、記述されている。これに関連して、労使紛争の場合の契約条項と規範的な法的規定を比較する作業はずっと簡単です。

雇用契約の概念と意味は次のようになります。より重要なのは、そのすべての本質的な条件が考慮される場合です。同時に、現在の法律で承認されているそれらの組成は、必ず合意に含まれなければならない。

結論が不可能でなければ、契約の本質的な条項は次のとおりです。

- 氏名従業員と雇用主(または法人の名前)。

- 構造単位および作業場所の表示;

- 従業員が職務を遂行しなければならない日。

- 職業の名称、資格の特質を持つ専門職および職位。職員表に従って割り当てられる。

- 職務、ならびに従業員および雇用者の権利。

- 職場に存在する条件の特徴、ならびに生産過程において有害で危険な要因が生じた場合に支払われる報酬の支払いおよび給付。

- 休憩を目的とした労働時間と間隔のモード。

- 職業的活動の結果に基づいて報酬の計算に適用される条件。

- 社会給付の条件と種類、その保証は労働契約である。

従業員と雇用主との間の行為の条件相互の同意を得てのみ変更する必要がありますが、これは書面で修正されています。労働契約が効力を生じている期間は、5年に制限される場合があります。無制限の契約に署名することは許可されています。