アナルセックスはどのように危険ですか?

関係

一定期間の関節の後の多くのカップル親密な関係の冷静さを体験してください。パネラアの親密な生活の活性化、多くの配偶者は、例えば、肛門のような異なる種類の性別の使用を見ます。しかし、アナルセックスは有害で、もしそうなら、それからさらに悪化しているのは誰ですか?この問題は詳細に検討する必要があります。

アナルセックスはしますか?
あなたが医者に目を向けると、彼らの意見では、アナルセックスは、直腸の血管の破裂、感染によるパートナーの感染など、多くの問題をもたらす可能性があります。しかし、これらの結果はすべて、それを準備するための間違った手順によるものです。

アナルセックスは服用しないと有害です特定の衛生規則が考慮される。性交渉の前に、パートナーはシャワーを浴びる必要があります。痛みを取り除き、粘膜を刺激しない特別な潤滑剤を必ず使用してください。さらに、パートナーは緊張してはいけません。あらゆる種類の「リラックス・アピール」は大歓迎です。そして最も重要なのは、あなたが世話中に痛みを感じるとき、それを容認しないでください!直ちに性交を止める。後でまたは別の時間に試してみるのが良いですが、あなたの健康を害することはありません。これらの推奨事項に従うと、「アナルセックスは有害なのですか?

あなたがそのような経験を得ることに決めたら、まず心にあなたのパートナーの心と話をするために回る。あなたがそのようなセックスから経験したいことを正確に説明し、彼/彼女の希望に耳を傾ける。性的自我主義の可能性は最小限に抑えられます。

理由を説明する多くのステレオタイプがありますアナルセックスは悪いです。主なものは、これが不自然であるという命題です。しかし、コンドームのオーラルセックスや性的行為も自然に見えないが、非常に積極的に練習されているので、そのような意見を聞かないでください。

アナルセックスはしますか?

アナルセックスは有害ですか? この質問に対する答えは、女性によって最も頻繁に求められています。このような性行為では、男性だけがオルガスムを受け取り、女性は決して最高の喜びには達しないという意見があります。しかし、この考えの反論は、肛門性交を試み、通常の膣と比類のないオルガスムを持っている女性の数多くの経験です。それは余分な愛撫についてのすべてです。だから、ずっと前に、女性はオルガズムを「私の頭の中に」持っていることが証明されています。肛門性交中のクリトリスの鞭の存在下では、ほとんどの女の子がオルガスムを経験する。

アナルセックスにはあなたの痛みはありませんでした。パートナーは、最初に急いでする必要はありません。男は忍耐強く慎重でなければなりません。時折、肛門通過を緩和して清潔にするカモミール浣腸などの器具を使用する必要があります。
質問への答え: "肛門性交は有害か?"明確にすることはできません。

アナルセックスはしますか?

あなたが信者なら、この種の性的な関係は教会によって禁止されています。あなたにとって、そのような職業は単純に排除されます。しかし、宗教的な教義があなたを抑止しない場合、間違いなくアナルセックスは、あなたに肯定的および否定的な性的体験の両方をもたらすことができます。両方のパートナーを喜ばせるためには、基本的な衛生規則を遵守し、決して性交中に急いではいけません。