アナルセックスの結果

関係

アナルセックスの周りの紛争は今たくさんあります。 ある人はそれを倒錯者とみなし、他の人は超自然的なものを見ず、喜んでそれに従わない。第2のカテゴリーの代表者だけでなく、ソドミーを考えている人のために、この記事は有用であると考えています。会話はこの問題の道徳的側面ではなく、単にアナルセックスの結果についてだけである。

アナルセックスの結果

まず第一に、これはピックアップする機会です任意の感染。アナルセックスでは、不要な痛み(性器を含む)を得ることは、膣よりもずっと簡単です。特に肛門の後に膣を始めるつもりならば、コンドームを使用しないとリスクが大きくなります。ある人が何かを脅かすことはないでしょう。この場合、女性は「一箇所」の細菌が「他の人」に入ると、必ずアナルセックスの結果を感じます。

アナルセックス効果

いくつかは、肛門を行うことによってセックス、あなたは妊娠を避けることができます。実際、これはそうではありません。なぜなら、精子は小さくても、そのような「倒錯した」方法でさえ、膣に入る可能性がまだあるからです。そして、ソノミプロセス自体が正しくない場合、肛門の亀裂の出現を除外することはできません。したがって、肛門が詰まるように設計されていないという性質上、「出口」でのみ作用し、グリースは割り当てられません。したがって、相互の同意がなければ、事前の準備や多数の潤滑剤や潤滑剤がなければ、アナルセックスは深刻な結果以上のものになります。

アナルセックスは神話です痔の予防。並べ替えの項目はありません。男性にとっては、前立腺の予防のみが可能であり、この性質の価値のない女性にとっては、それは代表ではありません。さらに、肛門性交によって痔核(直腸の脱出)および他の病状が引き起こされる可能性がある。あなたが既にそのような病気を持っているならば、悪化は悪化が始まるかもしれないので、他の人のように、同性愛は禁忌です。

アナルセックス後の結果
誰もがこのようなことをすることはまずありません肛門性交の結果、括約筋の捻挫(およびさらには破裂)、筋肉の弱化、および結果としてガスおよび糞便の失禁のようなものである。しかし、これはしばしばあまりにも頻繁にその意図された目的なしに肛門を使用する人に見られます。さらに、もしあなたがそのような結石中に注意を払わなければ、あなたのパートナーが直腸の壁を壊す可能性があります。そして、それを縫う専門家はあまりいません。

したがって、このような実験を決定する前に、よく考えてみてください。突然「後ろに潜入」したいという欲望で炎症を起こした男性は、彼女がそれを望んでいることを完全に確信していなければなりません。さらに、訓練されていない道徳的および肉体的な女性は、心理的外傷の形でアナルセックスの結果を得ることができ、彼女の人生におけるそのような実験に再び同意することはない。

男性は、女性とは異なり、非常にまれである彼らの肛門への浸透中に痛みを伴う感覚を経験する。彼らはもっと喜びを経験する可能性が高いです。これは、男性において、肛門領域には女性よりもずっと多くの神経終末が提供されるという事実に起因する。いずれにせよ、アナルセックス後の結果が最小限に抑えられるように、予備的な準備が必要です。