磁気誘導

教育:

我々は、電流が流れる導体が磁場は力を受けます。後者は力の方向が左手の法則または右ねじを使用することによって決定することができる、知られている場合、その方向は、磁力線の方向と電流の方向に依存します。

この力がどの程度影響を受けるかを考えてみましょう。私たちは経験に目を向ける。

レバーアームを左腕に懸垂させる線形導体ABを電磁石の磁極NとSの間に配置して磁場の力の線に垂直になるようにする。この導体と直列に電流計と恒温槽をオンにして、導体の電流を測定することができます。バランスを取って回路を閉じます。導線ABの電流をBからAに向かせる。秤の平衡に違反する。それを復元するためには、右のカップは追加の重さを置かなければならず、その重さは導体上に垂直方向に作用する力に等しい。私たちは指揮官の現在の流れを変えます。電流が増加すると、導体に作用する力も増加することがわかります。磁場が導体に及ぼす力は、導体に流れる電流に正比例して変化します。

この力は導体ABの長さに依存しますか? この問題を解決するために、我々は同じ電流で異なる長さの電線をとらなければなりません。測定は、磁界は、電流搬送導体に影響する力は、磁界中の導体の長さに正比例するということを示しています。

Fを磁場中に置かれた電流で導体に作用する力とすると、lはこの導体の長さであり、Iは電流である。

導体lの長さとその中の電流が変化すると、見てきたように、力F

導体Iの長さに対する力Fとその中の電流との比は、電流Iに依存しない定数である。その結果、この比の大きさは磁場を特徴付けることができる。

この値は、磁気誘導または磁界の誘導と呼ばれます。

我々は、Bによる磁気誘導を表す。定義により、以下のように書くことができる。

B = F /(I・l)となる。

SIシステムでは、磁気誘導の単位1 Aの電流と1 mの長さの導体が1 Nの力にさらされる場の誘導です。この単位の名前は1ニュートン/(アンペアメートル)(1 N /(A・m)と略されます)です。

1 N /(A・m)= 1(V・sec)/m²:

1 N /(А˖м)= 1(Н˖м)/(А˖м²)= 1 j /(А˖м²)= 1(В˖А˖се)/(А˖м²)= 1秒)/ m2。

1ボルト秒の単位はWeber(Vb)と呼ばれます。 したがって、1インチ/m²または1テスラ(T)は磁気誘導の単位です。 SGSMを測定するシステムでは、磁気誘導の測定単位はガウス(Gs)です。

1 T = 104 Gs。

磁気誘導はベクトル量です。所与の点における誘導ベクトルの方向は、この点を通過する磁力線の方向と一致する。

SIシステムにおいて、磁気誘導は、電界強度が電界の力特性を表現するのと同様に、磁界の力特性である。

磁場の誘導を知ることで、次の式に従って電流で導体に作用する力を計算することができます。

F = BI l。

電流のある導体では、電荷が移動するだけでなく異なる方向ではあるが、ある方向にも混沌としている。各電荷は磁力の影響を受け、導体に伝達される。カオス的な動きからのすべての力の合計はゼロであり、方向付けられた動きの力の合計はアンペア力と呼ばれます。

一般的なケースでは、電流が磁場に置かれた導体に作用する力の大きさは、アンペールの法則によって決定される。

ここで、αは電流方向(I)と磁場ベクトル(B)との間の角度である。

磁場の誘導は、数値的には力に等しいが、誘導ベクトルに垂直な単位電流要素に磁界が作用する。磁気誘導は、媒体の特性に依存する。