イスラム教徒の名誉称号は特別な敬意の表れです。

教育:

イスラム教は一神教の宗教である7世紀の中東。それはアラブの異教徒の間で起こった。この宗教の創始者はクライシュシュ族のムハンマドです。現在、イスラム教徒の信仰は世界中に広がっており、多くの信者がいます。

ムスリムの名誉のタイトル

イスラムの誕生

他のアブラハムのようなイスラム信仰宗教は、すべての信者にとって義務付けられている多数の儀式行為で表現されている、明らかに発展したカルトを持っています。イスラム教徒の名誉ある称号は、信仰の前に功利のためだけに与えられるため、獲得されなければなりません。イスラム教徒の信仰は何世紀もの歴史の中で多くのテストに合格しています。当初は、ムハンマドが説教を始めたメッカの住人たちは非常に敵対的でした。これは、市の人口の大部分を占める商人の取引活動を脅かすものでした。したがって、将来の預言者は迫害された。彼は脅かされ、622年にムハンマドはメディナの町に逃げた。今年はイスラム教徒のカレンダーの始まりと考えられています。このイベントの直後、預言者の支持者たちは相手方の闘いで勝利し、イスラム教は世界中で勝利を収めました。

イスラム教徒の最高統治者の称号

ムスリムを飼いならす

いつものように、新しい宗教の普及そのような場合は、強制的に行って、征服の結果としての短い時間の後に、巨大な状態 - アラブカリフートが発生しました。 Caliphはイスラム教徒の最高統治者の称号です。彼は世俗的かつ精神的な力の全部を手に取り、この信念の支持者の間に明白な権威です。この広大な州の最初のカリフは、預言者ムハンマドの直接の親戚でした。その後、イスラム教は二つの基本的な流れに分かれました:シーア派とスンニズム。これら2つの方向の違いは、預言者から次のカリフへの権力の継承の異なる解釈にある。イスラム教徒の称号は、個々のメリットを重視していますが、すべての信仰の恩恵のためです。預言者の信者のうち、ムハンマドの直接の子孫は特別な敬意と敬意を味わいます。彼の祖先をイスラムの創始者から導くイスラム教徒の名誉のタイトルは、「シド」のように聞こえる。預言者の親戚の家族に所属していることは、彼らの全ライフスタイルを決定づけます。

イスラム礼拝の特徴

イスラム教の宗教は、法律のシステム - コミュニティの日常生活全般を規制するシャリア。必要に応じて、シャリアはイスラム教徒の生活に有利な必要条件を作り出すことを目的とした特別制裁として機能する。このイスラムの法的基盤は、社会のすべての側面に影響を及ぼし、民法の代わりとしていくつかの州で行動する。 Faqihはイスラム教徒の名誉のタイトルであり、イスラム教徒のシャリアを研究することで大きな成功を収め、法の執行において幅広い経験を積んでいます。イスラム教は5つの柱に基づいています:

イスラム教徒のタイトル

  • Shahada、すなわち、信仰の証です。
  • Saumは断食の月です。
  • ザカート - 寄付。
  • サラートは毎日の祈りで、5回行われます。
  • ハジは神聖なメッカへの巡礼です。

これらのアイテムはすべて、それぞれにバインドされていますイスラム教徒。可能な限り、すべての敬虔な人は彼の人生を通してハジを実行する必要があります。巡礼の場合、その人は「ハジ」という名前に終わる。それは彼がKaabaに神聖なhajjを行ったことを示しています。これはイスラム教徒の最も一般的な名誉のタイトルです。