社会で採用されている社会規範の概念とタイプ

教育:

社会規範の概念と分類は、第2の種類の規範(技術的なもの)から明確に区切られた瞬間から始まります。

社会のルールは支配関係人の行動と組織法の行為の間にある。彼らは、人間が一人で達成できないものを一緒に達成するために、社会が調和して便宜的に機能するのを助けます。

非常に長い間社会規範がありましたが、人間社会の発展と並行して発展し、ある世代から別の世代に渡った。彼らの出現の理由は、最も一般的なルールの助けを借りて人々の行動を制御する必要があったからです。

社会規範の概念とタイプは、2つの基準に依存します。

- 彼らの創造、発生の方法。
- 違反からそれらを保護する方法。

これらの基準に基づいて、社会規範の概念と種類は次のとおりです。

1.法律の規範 - 州によって確立され、保護されている。

2.道徳の規範。これらの行動規則は、人々が悪、良い、正義などの道徳的なカテゴリーをどのように想像しているか、
不公正、名誉、尊厳、義務。彼らは人の内面の信仰や過半数の意見の影響を守っています。

公的機関の規範。それらは組織自体によって確立され、最初は保護のための影響の尺度を提供する。

4.慣習の規範 - これは、特定の社会で発展し、繰り返される繰り返しの結果として人々の習慣に入った規則である。

5.伝統の規範は行動の最も安定した法則であり、人々の生活の中のある領域では証明されて支持される
基礎の時間。

6.儀式の規範は、特定の儀式(結婚、祝祭日、公務員会)の実施中にどのように行動するかを示している。特異性
それらの実施形態、実現 - エンターテイメント、演劇デザイン。

社会規範のコンセプトとタイプは、社会で確立されている方法だけでなく、違反からの節約にも依存しています。それらの関連性も重要です。
内容に関しては、社会規範の概念と種類は次のように区別されます。

- 技術的;
- 経済的 - 所有形態、物質的商品の生産とその分布を管理する。
- 労働;
- ファミリー;
- 生態学的;
- 政治 - 政治権力のための闘争のプロセス、人々、クラスなどの関係を規制する。
- 宗教 - 宗教間の関係を管理し、宗教儀式を行う。
- 文化など

社会で採用された法律には、社会の関係を調整し、新興の状況で人々の行動に影響を与えるのに役立つ数々の特徴があります。

社会規範の概念と兆候:

第一に、これらは、社会。国家、組織、または人々の集団は、人々がどのように行動すべきか、どのような行動を取るべきか、どの行動を取らないかを示します。これらのサンプルによれば、彼らは自分たちの行動を修正する、彼らは等しいです。

第二に、社会的規範は一般的であり、個人ではなく、現場にいるすべての人々
その影響。

第三に、彼らはすべての人にとって重要なだけでなく、また、直接影響を受ける社会のメンバーにとっても義務的です。社会規範は、法的義務だけでなく、法的義務を遵守しなければならないため、社会の影響や国の指導力にさらされる可能性があります。法律上の法律に違反し、社会が道徳の違反の場合には、非難、信念、疎外の形で反応する場合、国家は措置を適用する。
社会規範の完全性と相互関係は、人々のコミュニティのルールを構成する。