祖国に関する諺。祖国についての諺や諺

ニュースと社会

多くの世紀のロシア人が具現化口頭を含めて創造性の彼の母国のための愛。諺や言葉を作った人々は、彼らの国、彼らの故郷である都市や村に捧げられたおとぎ話や歌を書いた。彼らはロシアとロシアの軍事力、その性質の美しさ、伝統と習慣に賞賛しました。私たちの国の住民が誇りに思ったことは、諺や言葉で口語の民俗芸術に体現されています。

"祖国"の概念は、

祖国に関する諺
祖国についての諺を学ぶ前に、それは必要ですこの概念の語彙的意味を決定する。祖国の下では、人間の誕生地や、言葉の最も広い意味でのものの出現が理解されています。この言葉は、スラブ語の枝の他の言語のいくつかの概念に由来しています。例えば、ウクライナ語では、「祖国」という言葉は、セルビア語とクロアチア語の「家族」を意味します。「豊富な果物」。この概念の同義語は、祖国、母国、ネイティブ側です。時には諺では "祖国"という言葉がこれらの同義語に置き換えられています。

祖国に関する諺の由来

祖国に関する諺は、誇りに思うことがある偉大な国家としてのロシア国民の国家愛国心と自己意識。ここでの愛国主義は、民族芸術で表現された新しいアート(芸術を含む)を創造するのに役立つ感情的なカテゴリーとして機能します。ロシア人の特別な精神は、どこか別の場所に行かなければならない場合、彼らの生誕地への愛着、深い悲しみの感情を決定します。

祖国への奉仕に関する諺

現代世界では諺の母国の下にほとんどの場合、私たちの国全体を意味し、出生地や居住地(小国)ではありません。これは、今日、世界の政治情勢が、ロシアを単一の全体として認識し、強力で強く自信を持っているという事実によるものです。だからこそ祖国に関する諺や言葉が国全体を語るのです。

諺の中の単語 "祖国"の類義語

祖国に関する諺は同義語を含むことができますこのコンセプトのたとえば、「あなたの家と壁に役立ちます。」ここの故郷は出生地を表すために「家」という言葉に置き換えられています。それは人にとって惑星で最も近い場所です。

"私たちの祖国、すべての人類のために" - これで「祖国」の概念は「祖国」と同義であるため、これらは相互に使用することができます。この特定のケースでは、口語は、口頭の創造性のロシア民族伝承に韻を踏んでいたはずです。これが「祖国」という言葉を使用する理由です。

「ネイティブ側と石はサインです」 - このような状況では、「ネイティブ側」という言葉はむしろ、彼がよく知っている人の小さな祖国を意味しています。

祖国と諺の他の概念との比較

祖国に関する多くの諺や言葉が作られています比較する。この技術は、あなたの祖国を神聖なものの地位に築くのに役立ちます。例えば、祖国と母親との比較を、幼少時以来愛している人と同じように、二人にならないものと比較して見つけることは非常に頻繁に可能です。 "1人の母親が母国で、1人の母国は1人です" - これは、この比較が用いられる最も一般的でよく知られている言葉の一つです。

彼らの故郷についてのロシアの人々の諺

比較は何かと祖国を祝うために役立ちます最高の、世界最高の、他の国を一列に置くことはできません - 「世界には祖国よりも美しいものは何もありません」 「祖国なしの男 - 歌なしのナイチンゲール」 - この場合、祖国が人間のために重要であること、人間なしで存在することが不可能であること、人間の外では存在できないことが強調されています。

しかし、祖国に関するすべての諺は、レセプションで作られているわけではありません比較またはメタファー(潜在比較)。多くのことわざは反対、比較、アンチテーゼに基づく表現のいずれかの手段なしに、簡単な文章で知恵です。

彼らの故郷についてのロシアの人々のいくつかの諺最初の読書で理解するのは難しいですが、その意味は明らかではありません。 "松林は遠く離れているが、その森は荒れ狂っている。比喩的に理解されている松は、状況によっては故郷を去った人物です。しかし、そのような出来事は痕跡を残すことはできません、人は故意に故郷を逃し、彼女について考える、母国で何が起きているのかを見ます。したがって、この場合の森林の下では、祖国が意味され、そのうちの1人は外国の土地にさえも残る。

祖国の愛についての諺

「小さな鳥だが、その巣を守る」 - ここに敵が自分の国を攻撃する場合、その人物の地位、職業、その他の特性は重要ではないことが暗示されています。誰でも祖国の防衛のために立ち上がって、最後まで戦わなければなりません。この諺は、ロシア国民の祖国に対する深い感情を示しているため、「あなたの国に奉仕する」と「祖国の愛についての諺」という2つのカテゴリーに帰することができます。

祖国についての諺を勉強する

祖国についての諺や言葉を学ぶ方が良いテーマグループに分割することから始めます。したがって、祖国に仕えることについての諺を一つずつ出すことは可能です。彼らは、国家軍の階級への参入と、ロシアの利益を目指す他の行動を提唱する。 2番目に可能なカテゴリは、祖国の愛についての諺です。これらの声明の外観と歴史から、これらのカテゴリの参考資料を読むことをお勧めします。どのような言葉の根拠であるかをよりよく理解するためには、ロシアのどの部分に登場したのかを判断する必要があります。

私たちの国の領土では様々な宗教を説く多数の人々が生きています。従って、状態の異なる部分に現れた諺は、他の比較とは異なる特別な象徴を持つことができる。たとえば、「ネイティブ・ブッシュと道路の馬」という言葉を思い出してみましょう。そのような声明は、山羊が生息する地域にしか現れないと推測するのは難しいことではありません。したがって、この諺を作った人々は、これらの動物の習慣を知っていて、しばしば自然の生息地でそれらを見ました。

祖国についての諺や諺

諺の研究の次の段階はデコードです記号とその意味。シンプルな読書ですべての言葉が理解できるわけではありません。ある種の文化的伝統のなかで、コンパイラの民俗習慣は隠されています。

特に興味深く重要なのは、ロシア語の研究外国人のための諺は、ロシア文化に飛び込み、言語の新しい側面を学ぶのに役立ちます。そういうわけで、諺を含む口語民俗芸術の認知と研究は非常に重要です。