有価証券の目論見書は...定義、記述、リスク要因および勧告

ニュースと社会

各合資会社は貴重なこの活動には多くのニュアンスがあります。場合によっては、当初および追加の問題には、拘束力のある書類(株式の発行に関する目論見書)の準備が必要です。この書類を作成する理由で案内されるためには、証券目論見書は株式発行の義務的属性であるか、場合によってのみ開発されることを理解する必要があります。

目論見書を作成する必要性

目的をよりよく理解するために検討中の目論見書の概念を定義する必要があります。有価証券目論見書は、事業体の株式の発行に付随する重要な文書であり、発行体に関する情報およびその機能の重要な側面に関する情報(財務状態、報告データ、株主等)を含んでいる。

この文書は、必ず組成によって承認されていますこの組織の最初の人物またはこの組織の執行機関は、この権利を与えられています。また、監査、財務鑑定士または有価証券特別顧問の保証を渡すことができます.

証券目論見書は

目論見書には十分な同社の活動のさまざまな要素についての広範なブロックについては、すべての経済主体に関心があります。同社は証券の目論見書を作成しており、そのサンプルは厳密に推奨される形式ではないことに注意する必要があります。

主な要件は、有価証券を発行する企業によるデータ開示の規則を反映した規定に定められている、必要なすべての情報を含めることです。

目論見書は誰ですか?

記載されているように、目論見書に記載され、組織の財務および経済活動を開示する情報は、市場で営業している多くの企業にとって重要なものとなる。

目論見書には、会社の有効性および株式発行の理由の正当性については、主に株主にとっては興味深いものです。その他の利害関係者は、提供されたデータに基づいて株式の購入に関する決定を行う投資家である。

すべての市場参加者にとって、目論見書に開示されている情報は、リリース前に利用可能になるはずである.

証券発行目論見書の登録

証券とその発行

発行会社による有価証券の発行証券市場を規制する法律に定められた一定の措置を遵守してください。この注文には次のステップが含まれます:

  • 株式を発行する合理的な意思を表明する。
  • この決定の承認。
  • 状態登録手順。
  • 発行済証券のための証書の生産;
  • 宿泊施設;
  • 問題の結果に関する報告書の国家機関への登録。

政府機関の株式発行に関する会計処理発行された有価証券の後続の業務に参加することが要求される適切な番号の許可証が発行されます.

有価証券目録の国家登録

証券の配置オプション

株式の問題の目的は、組織の資本の創造、資本の管理、財源の魅力などである。

株式の発行がクローズドの形である場合まだそれはプライベートと呼ばれています、この場合、この手続きについての公表はありません。発行された株式は、閉鎖された人.

有価証券発行の目論見書は

有価証券の分配のための別の選択肢 - 無限の円の人の間のオープンな配置。この場合、目論見書に反映されている情報の開示を最大限にする必要があります。有価証券目論見書の国家登録が必要であるのは、この変種の変種である。これについては後述する。

問題の目論見書の登録

証券発行(目論見書)の登録は、公表されたときには必須です。この場合、証券取引所の助けを借りることを含め、多くの方法があります。

関連する機関における排出目論見書の承認は、以下の場合に行われる。

  1. 会社の株主数が500人を超える場合。
  2. 株主の間で株式を発行するコストは最低5万人を超える。
  3. 株式は株主に分配されます。
  4. シェアとオープンサブスクリプションの変換を前提としています。
  5. 私募契約がある場合、株主の中から人数が500人を超える場合。

公的機関は意見を受け入れることはできない証券発行目論見書の登録も拒否される。拒絶理由は、発行者が証券の発行および流通の規則に関する法律の要件、発行者が提供する不正確または故意に間違った情報を含む、必要な税金の支払いの不足など、法令の要件を遵守することができない場合があります.

証券発行目論見書の発行

組織は登録されておらず、関係団体から肯定的な決定を受けていないが、有価証券に関連するいかなる行動も実行することは禁じられている。

発行目論見書の開示情報の内容

前に定義したように、目論見書有価証券 - これは、発行者によって開発された文書であり、経済活動および会社における有効性に関する重要な情報を含んでいます。

株式は、サブスクリプションまたはその他の公的手段の場合、情報の開示が前提条件です。上記の事案が存在する場合には、公開契約だけでなく、契約の閉鎖方法も目論見書の設計を前提とすることに留意すべきである.

銀行目論見書

情報を伝達する方法は異なりますが出版された出版物には、大量配布が1万部以上の出版物が義務付けられています。このルールは、オープンなサブスクリプションに対して有効です。クローズドタイプの購読の場合、回覧は少なくとも1000部以上でなければなりません。

情報を公開するときは、発行会社、許可された資本の額、証券の価値(名目)、およびその発行に特有のその他の関連データに関する情報があります。さらに、セキュリティの外観と貴重な文書を保護する手段を記述する必要があります。

株式の二次的発行および発行目論見書

第一次および第二次株式の両方すべての手続き規則の遵守を意味します。証券の二次的発行が公表が義務付けられている条件に該当する場合、証券目論見書は作成および登録されるべき書類でもある。

有価証券の発行者としての銀行

銀行組織は、他の共同株式型の経済主体は、所有権の形態によって予め定められた株式を発行する。有価証券の発行に関する一般規則は、この分野の法律によって定義されていますが、いくつかの特質もあります。

まず、株式発行手続き商業銀行に特別に適用される多くの専門的な法律や規制によって規制されています。したがって、商業銀行によって発行された有価証券のための規則を作成した中央銀行の指示は、銀行が編成された場合にのみ排出量を決定し、許可された資本の規模を拡大し、新たな財源を引き付ける。

株式の主要な問題は独占的に閉じたサークルで開催されます。銀行が発行した証券はすべて中央銀行に登録されています.

有価証券目論見書

他の発行体証券と同様、信用機関は排出段階を遵守し、銀行の有価証券の目論見書を準備しなければならない。情報の開示も必須要件です。さらに、この文書は、独立した監査会社によって検証され、裏書きされなければならない。

リスク要因

目論見書を作成することのすべての利点にもかかわらず、条件付きでいくつかのグループに分けることができる特定の懸念があります。それらは以下のように与えられます:

  • セクター別リスク。
  • 州および地域のリスク。
  • 金融リスク。
  • 法的リスク
  • ビジネスの評判(評判のリスク)の損失のリスク。
  • 戦略的リスク。
  • 発行者の活動に関連するリスク。
  • 銀行リスク。

結論

教育の形で株式の発行を前提としている各社は、この分野のすべての手続き規範を遵守しなければなりません。

証券の目論見書は必須である株式の発行が情報の公開の要件を満たしている場合、発行会社が国の機関に登録しなければならない書類。</ span </ p>