「企業収益性」の定義には何が含まれますか?

ニュースと社会

「収益性」の定義は経済効率または有用性の指標。簡単に言えば、このコンセプトは、収益性のレベルだけでなく、労働、資材、金銭などのさまざまなリソースの使用の有効性を特徴としています。さらに、企業の収益性の定義は、土地の富の使用における合理性の程度によって表される。したがって、計算された比率は、利用可能な資産、フローまたはリソースに対する利益の比率として計算されます。同様の係数は、受け取った各ユニットに含まれる単位当たりの利益または利益で表すことができます。

収益性の定義

「収益性」の定義はパーセンテージです表現。この概念はインフレ率にはほとんど依存しないが、利益の量とはかなり緊密な相互関係があることにも留意すべきである。

それぞれの利益と収益性の決定資産の回収率、流動資産、固定資産、投資収益と資本収益、総投資の収益性などの計算指標の分析を使用して、単一の企業を実行することができます。これらの指標のいくつかをより詳細に考えてみましょう。

企業の収益性の判断

自己資本の収益性

この指標は財務面で特別な役割を果たします分析。この特性は以下の式で表されます。ソーシャルファンドに対する様々な控除後の利益と税金の支払いは、利用可能な純資産に分割されます。この場合、「株主資本利益率」の定義は、株主が投資した資金に対する利益額を示しています。

資産のリターン

それは、資産の平均価値に対する控除。このような収益性は、組織が資産を形成するプロセスに投資した1ルーブルから受け取る利益の特徴です。つまり、この指標は、特定の期間の企業の収益性の程度を表します。

利益と収益性の決定
固定資産の収益性(OPF)

この指標は、OPFの平均値の価値に利益をもたらす。他の提示指標と同様に、前述のように、収益性指標のそれぞれが相対的であるため、得られた値には100%を掛けなければなりません。

流動資産の妥当性

以前のすべての係数の場合と同様に、この指標は、流動資産の価値に純利益の比率です。

「投資収益率」の定義

効率性と合理性を含む組織の発展と促進に寄与したものの使用。この指標は、以下の式で求められます。総利益額を貸借対照表で割ったものから、短期債務返済を前倒しした金額から差し引いた金額です。